UVカットブランケットは赤ちゃんにあった素材と肌触りで選ぶ

UVカットブランケットは赤ちゃんにあった素材と肌触りで選ぶ

Thumb?1414295452 muah♪さん

250

植物が太陽に向かって伸びるように、赤ちゃんにとっても紫外線は必要なものです。しかし、その悪影響もわかってきていて、かつては勧められていた日光浴も、1998年以降から母子手帳にはその文字がなくなりました。かつて栄養状態のよくなかった戦後の日本でよくみられた症状ですが、現代になって再びその症状が増えているのは、偏った食事や極端に紫外線を避けることによるのでしょう。


  • 紫外線が原因で病気に

  • 紫外線が原因で病気に
  • 植物が太陽に向かって伸びるように、赤ちゃんにとっても紫外線は必要なものです。しかし、その悪影響もわかってきていて、かつては勧められていた日光浴も、1998年以降から母子手帳にはその文字がなくなりました。
    紫外線には肌でビタミンDを作る働きがあります。ビタミンDはカルシウムを骨に吸収するとき必要な要素で、それが不足すると骨が曲がってしまう「くる病」という病気になることがあります。かつて栄養状態のよくなかった戦後の日本でよくみられた症状ですが、現代になって再びその症状が増えているのは、偏った食事や極端に紫外線を避けることによるのでしょう。
  • 適度な日光浴

  • 適度な日光浴
  • しかし、紫外線を吸収することによって免疫力の低下を招く、皮膚がんを発症するなどの悪影響もあります。特に肌のデリケートな赤ちゃんは注意が必要です。また、赤ちゃんは体温コントロールが未発達なため、直射日光をあびることにより身体や赤ちゃんを覆う環境が高熱となり、水分バランスが崩れて熱中症をおこすこともあります。
    だからといって、家にこもっているのは紫外線の良い影響を排除してしまうことになります。日の光は、赤ちゃんの成長にとって必要なものですから、時間帯と紫外線対策をして外出します。外出する時間帯は、紫外線の量が多い午前中10時から午後2時を避けて、朝もしくは夕方の短時間にすると良いでしょう。また、短時間でも紫外線対策をして出かけましょう。
  • UVカット商品がおすすめ

  • UVカット商品がおすすめ
  • 肌の紫外線対策は、赤ちゃん専用の肌に優しいUVカットクリームなどが販売されていますから、それらを利用します。
    外出の度にクリームを塗るのが大変な場合は、UVカットブランケットを使うのが良いでしょう。UVカットブランケットには、身体をくるむタイプやベビーカー、抱っこひもに結び付けるタイプのものがあります。必要に応じた機能をもつタイプを選ぶと良いでしょう。
    ベビーカーに結びつけるタイプは直接肌に触れる面積が少ないので、素材を意識する必要はないかもしれませんが、身体をくるむタイプは肌触りの良いものを選びたいと思われることでしょう。優しい綿100%の国産ガーゼや綿にポリエステル、ポリウレタンを混ぜて肌触りを良くしたものなどがあります。紫外線カット率は、どの素材でも90%程度はあるようなので、機能は十分に満たします。天然素材が肌に優しいですが、化繊を混紡したものの方が「柔らかい」と感じる場合があります。赤ちゃんの肌質に合わせて、適切な素材を選びましょう。
UVカットブランケットは赤ちゃんにあった素材と肌触りで選ぶ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事