UVカットされたコンタクトやサングラスで目を守る

UVカットされたコンタクトやサングラスで目を守る

Thumb?1414295452 muah♪さん

265

日焼けの原因となる紫外線は浴び続けてしまうと、シミやしわといった肌トラブルに影響を与えてしまいます。日焼け止めを肌や顔に塗ったり日傘や帽子を使用したりなどで紫外線対策を行っている人が多いでしょうが、実はそれだけでは紫外線を対策しきれないのです。


  • 大切なのは肌だけじゃない

  • 大切なのは肌だけじゃない
  • 多くの人は肌に紫外線が浴びることで日焼けをしてしまうと思っているでしょうが、実は日焼けの原因は肌だけでなく目にも原因があるんです。
    紫外線が目に入ってしまうことで脳に司令がいってしまいメラニンを作りやすくなってしまいます。メラニンが増えてしまうと日焼けしやすくなってしまうので肌だけでなく目も紫外線対策が重要になります。
  • UVカットされたもので紫外線対策

  • UVカットされたもので紫外線対策
  • 紫外線から目を守るにはUVカットされたサングラスやコンタクトをかけるようにしましょう。
    ただ注意点があり、サングラスを使う場合は色が濃いものは避けるようにしましょう。一般的に色が濃いサングラスの方が光をカットでき紫外線対策にも効果的と思われがちですが、実は濃い色は瞳孔が開きやすくなってしまい、光や紫外線を受けやすくなってしまいます。
    濃い色のものを選ばずに、なるべく薄い色のものを選ぶように心がけましょう。UVカットされたものあれば、透明なメガネでも紫外線対策ができるので、透明なものを選ぶのも良いでしょう。

    しかしサングラスやメガネは正面からの光や紫外線をカットできても横からなどの隙間から紫外線が入りやすくなってしまいます。
    より目を守るためにはUVカットコンタクトを使うことで紫外線から目を守りやすくなるので、コンタクトを普段から使っている人は紫外線が特に多い夏の時期はUVカットコンタクトを使用することで紫外線対策できるでしょう。
  • 紫外線が目の病気にも繋がる

  • 紫外線が目の病気にも繋がる
  • 目に浴び続けた紫外線により、思わぬ目の病気へと繋がる場合もあります。紫外線が白内障の原因となったり、目の老化を促進させることで視力低下に繋がることもあります。
    また雪眼炎の症状も出る場合もあるので注意しましょう。雪眼炎は上からの紫外線と下からの照り返しにより一時的に痛みや見えにくい症状が出るものです。これらを防ぐためにも目もちゃんと紫外線対策をしていく必要があります。

    紫外線により目から日焼けをしたり病気へと繋げてしまう恐れもあるため、特に紫外線が多い時期はUVカットされたサングラスやコンタクトを使うように心がけましょう。車の運転などもかなりの紫外線を浴びてしまうので100円ショップで手軽に購入できるものでも構わないので使用して目を守りましょう。
UVカットされたコンタクトやサングラスで目を守る
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事