UVカットもできるメガネのおすすめ

UVカットもできるメガネのおすすめ

Thumb?1414295452 muah♪さん

272

目のためにもなるし、ファッションにも欠かせないからと、紫外線対策を含めてメガネやサングラスを購入するといったひともいるかもしれません。紫外線対策をすることも考慮すると、色の濃いレンズのメガネを買えばいいのかなと考えているひともいるかもしれませんが、UVカットの機能がないものだと目には逆に悪い効果を及ぼしてしまいます。


  • メガネでUVカット

  • メガネでUVカット
  • 目のためにもなるし、ファッションにも欠かせないからと、紫外線対策を含めてメガネやサングラスを購入するといったひともいるかもしれません。ですが、まちがった知識にもとづいて選んでしまうと、逆に自分の目をいためることにもつながってしまいますから注意が必要です。

    紫外線対策をすることも考慮すると、色の濃いレンズのメガネを買えばいいのかなと考えているひともいるかもしれませんが、実際には、UVカットの機能がなくて、しかも濃い色のメガネをしてしまうと、目には逆に悪い効果を及ぼしてしまいます。とくに、夏の紫外線が強い時期に長時間屋外にいるときや、スポーツをするとき、そしてレジャーに行くときには注意しなければなりません。
  • UVカットメガネの選び方

  • UVカットメガネの選び方
  • 目にも安心して使用できるメガネを選ぶときには、まずはUVカット機能があるときちんと明記されている商品を選ぶのが一番たいせつです。よく見てみると、市議選透過率が数字で荒らされていますから、その数字を確認して購入するようにしましょう。紫外線透過率は、カット率ではないので、間違わないようにしなければなりません。紫外線透過率は、どれだけ紫外線を通すかといった数字ですから、その数字が低いほど、UVカットの効能が高いことになります。
    ですから、紫外線透過率が低いものがおすすめだといえます。言うまでもなく、UVカット率として表記されている商品をえらぶときには、その数字が高いものほど紫外線対策をするには優れているということになります。
  • UVカット効果のないメガネ

  • UVカット効果のないメガネ
  • ファッションのために、UVカット効果が明記されていないような色の濃いサングラスをしているというひとは、その状態で長期間屋外にいることは危険です。その状態のままですと、瞳孔が長時間開いたままになってしまうので、紫外線をたくさん目の中に取り込んでしまうことになるからです。そうなると、裸眼で屋外にいるよりも、はるかにたくさんの紫外線によるダメージを目に与えてしまうことになります。そうすると、角膜炎になってしまったり、場合によっては白内障などの病気につながってしまうこともありますから注意が必要です。

    以上の点を注意して選べば、なにもサングラスをしなければUVカットができないというわけではないことがわかるでしょう。ですから、紫外線カット効果があれば、透明のレンズのメガネであってもしっかりと紫外線から目を守ることができるのです。これならば、サングラスをするのが恥ずかしいというひとにもおすすめできます。
UVカットもできるメガネのおすすめ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事