UVカットメガネの効果を知り、早めの紫外線対策を

UVカットメガネの効果を知り、早めの紫外線対策を

Thumb?1414295452 muah♪さん

303

目の紫外線対策はしていますか?
目に紫外線を浴び続けると白内障などの障害が発症することもあります。また、目が紫外線を吸収することで、脳でメラニンをつくる指令が発動し、せっかく紫外線対策をしていた肌が日焼けする可能性もあるといわれています。


  • 目からの日焼け

  • 目からの日焼け
  • 目の紫外線対策はしていますか?私は学生の頃から、日差しの強い日に頭痛を感じていたので、その必要性を実感していました。しかし、多くの方は、スキーやゴルフなどのスポーツや、夏の強い日差しの時にしか必要性を感じていないのではないでしょうか。目に紫外線を浴び続けると白内障などの障害が発症することもあります。また、目が紫外線を吸収することで、脳でメラニンをつくる指令が発動し、せっかく紫外線対策をしていた肌が日焼けする可能性もあるといわれています。
  • 目は唯一外部にさらされている、紫外線の影響を受けやすい臓器です。角膜や白目を覆う結膜などにダメージを与えます。また目の周辺の薄い皮膚にも影響を与えます。目が痛くなる、チカチカするなどは、角膜などに炎症が起きています。このような一時的な症状でおさまればよいですが、タンパク繊維やヒアルロン酸から成り立っている水晶体が傷つくと、白内障や黄斑変性などを発症することになります。長い蓄積を経て身体が衰えを見せたころに発症するので、危機感を持ちにくい病気です。これらは、もともと加齢ともに発症しやすくなるものですが、紫外線対策を怠ることで、その発症を早めることになります。早いうちから、紫外線による影響を意識し対策することが必要です。
  • UVカットメガネが効果的

  • UVカットメガネが効果的
  • 紫外線対策といえば、サングラスがあります。しかし、色の濃いサングラスであっても「UV」と記載されていないものは紫外線を阻止する効果はありません。それらのサングラスよりは、むしろ色のついてない「UVカットメガネ」の方が効果はあります。
    また、同じUV機能を持つサングラスであれば、色の薄いものの方が良いでしょう。人の目は、明るいところで瞳孔が小さくなり、暗いところで瞳孔が開くという紫外線に対して、自己調整機能を持っています。そのため濃い色の場合、グラス下で瞳孔が開いてしまうため、かえって紫外線を取り込んでしまうことになるのです。
  • UVカットメガネの選び方

  • UVカットメガネの選び方

    出典: instagram.com

  • 「UVカット」メガネを選ぶときは、紫外線透過率の数値を元に決めます。数値が高いほど値段が高くなりますが、金額の安いメガネでも、用途や外出時間をもとに選択すれば十分に機能を果たします。100円ショップのUVカット眼鏡も、それなりの役割を果たします。
    また、UVカットのコンタクトレンズもありますから、生活に合わせて取り入れましょう。
    紫外線は3月〜4月に急激に増え、8月にピークに達します。早めの紫外線対策で、いつまでもきれいな瞳を保ちましょう。
UVカットメガネの効果を知り、早めの紫外線対策を
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事