UVカットできるレンズの伊達メガネ

UVカットできるレンズの伊達メガネ

Thumb?1414295452 muah♪さん

409

最近では、目からの紫外線ダメージによって、脳ではメラニンを作れという信号がでてしまって、お肌にいくら日焼け止めを塗っていたとしても、シミのもとがつくられてしまうといったような実験結果も注目されています。自転車にのってどこかに出かけるときやお散歩をするときなど、紫外線が強い時期に外で過ごす時には、目のためにも紫外線対策をわすれずにおこないましょう。


  • 近場のお出かけでもダメージ

  • 近場のお出かけでもダメージ
  • お顔やカラダはばっちり紫外線対策をしていても、わすれがちなのが目の紫外線対策です。自転車にのってどこかに出かけるときやお散歩をするときなど、紫外線が強い時期に外で過ごす時には、目のためにも紫外線対策をわすれずにおこないましょう。
    最近では、目からの紫外線ダメージによって、脳ではメラニンを作れという信号がでてしまって、お肌にいくら日焼け止めを塗っていたとしても、シミのもとがつくられてしまうといったような実験結果も注目されています。
    それに、直接紫外線をあびてしまう眼球自体にダメージが及ぶのは言うまでもありません。
    ですが、日本人だととくに、これまでサングラスをかけるといった習慣もあまりありませんでしたし、街中でサングラスをかけるのははずかしいといったひとも多いでしょう。
    しかし、じつは伊達メガネでもじゅうぶんに目を紫外線から守ることはできるのです。
  • UVカットの伊達メガネ

  • UVカットの伊達メガネ
  • 目を紫外線から守るというと、サングラスをするのがいちばんだと思われがちですが、サングラスをするにしても、色の濃いサングラスは、じつは目を守るには向いていません。なるべく色の薄いものをえらんだほうが、目への負担を減らすことができます。
    ですから、レンズが透明の伊達メガネであっても、しっかりと紫外線をカットしてくれるUVカットレンズを使用していれば、目を守るのにはじゅうぶんなのです。UVカットレンズは、何パーセントという数字が商品に明記されていますから、その数値が高いものをえらべば、それだけ紫外線をカットできる効果も高いということができます。
    そして、なるべく目をおおうような形状のUVカットメガネをえらぶのもポイントです。紫外線は屈折して目にとどきますから、屈折しても目に入らないように目を覆うような形状が好ましいのです。
  • 伊達メガネでしっかり防ぐ

  • 伊達メガネでしっかり防ぐ
  • 街中で色の濃いサングラスをするのは気が引けるというひとでも、伊達メガネであれば抵抗なくつけることができるでしょう。
    それに、伊達メガネであれば、普段はコンタクトレンズをしているというひとでも、外に出るときに簡単につけられますからとても便利です。
    これまでは、紫外線を浴びることで、ビタミンDをつくりだすことができるので、それによってカラダの免疫力を高めることができるなどと言われていました。ですが、近年ではオゾン層の破壊などの環境要因もくわわり、積極的に紫外線を浴びることは推奨されなくなってきました。ですから、このようにUVカット商品を取り入れて紫外線をしっかり防ぐと良いです。
UVカットできるレンズの伊達メガネ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事