UVカットリップクリームで唇のケア

UVカットリップクリームで唇のケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

479

皮膚は通常、紫外線を浴びるとメラニンを出して紫外線が肌に侵入することを防ぎ、皮膚がんなどの疾患などになることを防止します。唇が荒れていると、唇が割れて血が出たりなど痛い思いをすることもあり、そうならないためには、しっかりとケアを行い荒れることを予防する必要があります。


  • 唇が受ける紫外線ダメージ

  • 唇が受ける紫外線ダメージ
  • 皮膚は通常、紫外線を浴びるとメラニンを出して紫外線が肌に侵入することを防ぎ、皮膚がんなどの疾患などになることを防止します。
    唇はメラニンの量が少ないため紫外線の影響を受けやすい部分な上に、水分を保持する角質が薄く、皮脂を分泌する皮脂腺も無いため荒れやすい構造をしているのです。
    唇が荒れていると、唇が割れて血が出たりなど痛い思いをすることもあり、そうならないためには、しっかりとケアを行い荒れることを予防する必要があります。
  • 正しい使い方

  • 正しい使い方

    出典: instagram.com

  • 唇が荒れるのを予防するにはリップクリームを使うことで、唇に潤いを与えて保湿ケアをすることができます。
    特に日中の紫外線を浴びるときには、UVカットの効果がある成分が入ったリップクリームを使うことによって、紫外線の影響を防ぐことが出来るようになります。
    しかし、UVカット成分は多少の刺激のあるものですので、唇の皮膚の負担を減らすためには夜に使用するのはおすすめできないのです。唇の荒れに繋がってしまうため、UVカット成分の入っていない通常のリップクリームやワセリンなどを塗り、乾燥を防ぎます。
    また、刺激になってしまうため、肌の弱い人が体質に合わない場合や荒れているときにUVカット成分がより悪化させてしまう可能性があるため使用を止めることが大切です。
    唇の荒れを防ぐためのものですが、こまめに塗った方が効果がありそうだと思いがちですが、塗りすぎると逆に唇を乾燥させてしまう可能性があります。何度も塗ることで摩擦することにより炎症を起きやすくなってしまう状態になったり、唇の防衛機能自体が低下してしまう危険性があるのです。
  • パックで唇ケア

  • パックで唇ケア

    出典: instagram.com

  • そうは言っても、冬など乾燥してしまう時期には、唇も荒れがちになってしまいます。けれど、あくまで荒れを防ぐためのものになります。
    荒れているときには、治癒を目的とした「医薬品」のリップクリームを使うか、保湿効果のあるワセリンなどを使用して荒れを治すことが重要です。
    また、ハチミツやワセリンを混ぜて唇に塗り塗ったり、オリーブオイルや砂糖などを唇に塗ったりしてその上からラップを被せて10〜15分ほど放置して行うリップパックなどのケアを行うことも出来ます。

    色々試したがどうしても荒れてしまいリップクリームが手放せないという人は、口紅や歯磨き粉などの唇に付着するものの成分でアレルギーやかぶれが起こっている可能性もあります。
    荒れが続くようならば、唇に塗る物の使用を止めて皮膚科に相談することも大切です。
UVカットリップクリームで唇のケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事