UVカットで素肌を守る最適な日傘サイズと特徴とは?

UVカットで素肌を守る最適な日傘サイズと特徴とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

323

太陽光を浴びる事は、体内で必要な栄養素を作り出すために欠かせませんが、長時間浴び続けるとダメージが蓄積するので、将来的に肌の問題が発生します。十分にUVカット効果を発揮させたいなら、厚手で大きめのサイズが最適ですから、実用性と効果で選ぶ事が大切です。


  • 実用性と効果で選ぶ

  • 実用性と効果で選ぶ
  • UVカットを目的とした日傘選びは、サイズが大きければ良いのですか?
    太陽光を浴びる事は、体内で必要な栄養素を作り出すために欠かせませんが、長時間浴び続けるとダメージが蓄積するので、将来的に肌の問題が発生します。
    化粧品やUVカット製品の多くは、紫外線を透過させない厚みを持たせたり、反射して直接肌に届く事を防ぎます。
    日傘の場合も原理は同じですが、小さいサイズを使用していると、防ぎきれなかった紫外線が地面に反射し、肌へと間接的に届きます。
    UVカット化粧品を使用していれば、受けるダメージは最小限に抑えられますが、眩しさを感じるほどの光は目に刺激を与えますし、防御が不十分な場合があります。
    十分にUVカット効果を発揮させたいなら、厚手で大きめのサイズが最適ですから、実用性と効果で選ぶ事が大切です。
    また、日傘その物の色も重要なポイントで、要点を押さえた選び方が、歳をとっても肌年齢を若く保つ秘訣です。
  • 大きさじゃない

  • 大きさじゃない
  • 日傘は大きい物を選んでも、それで紫外線を防ぎきれるとは限らないです。
    大切なポイントは、厚みや色が選び方の基本ですが、深さも重要なので、総合的にUVカット効果が高い物を選びます。
    厚手の生地は光を通さないほど目が細かいので、光に含まれる目に見えない紫外線も同時に遮断します。
    遮光カーテンも同様ですから、厚手の物になると効果は高いですが、日傘は見た目やオシャレも外せないので、色の濃い物を選べば、多少薄手でもUVカット効果は維持出来ます。
    最も理想的な色は黒で、それも濃いほど吸収率が高まりますし、反射して間接的にダメージを受ける心配がなくなりますから、安心して外出時のお供に使えます。
    更に、深く頭を隠せる製品を選ぶと、周囲から受ける影響は最小限に出来るので、太陽光が照り付ける真夏や、雲一つ見られない日でも外出可能です。
    紫外線を遮断するには、その元となる光を遮る事が欠かせないので、優れた製品は涼しさを感じたり、傘の下だけ特別な場所に感じる場合があります。
  • 良い日傘を選ぶポイント

  • 良い日傘を選ぶポイント
  • 良い製品を選ぶポイントは、生地の材質や厚み、そして色の濃さと頭を隠せる深さです。
    サイズは大きければ大きいほど優れ、面で露出する肌を守りますが、実際の使用を考えると、周囲に迷惑をかける可能性に繋がります。
    大きさで選ぶにも限度はありますから、その点は深さで補い、付加されたコーティングや厳選された材質など、サイズが限られていても効果が発揮される物が選ぶ基準です。
UVカットで素肌を守る最適な日傘サイズと特徴とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事