UVカットブランケットならカット率で選ぶ

UVカットブランケットならカット率で選ぶ

Thumb?1414295452 muah♪さん

322

日ざしが強くなってくる季節になると、お肌にあたる紫外線も気になってしまいます。紫外線の強さも、量も増えてくる季節には、しっかりと紫外線対策を行わないと、すぐにお肌がダメージを受けてしまいます。最近では、紫外線と皮膚がんとの関連も多く指摘されるようになってきていますから、子どもからおとなまで、なるべく紫外線にさらされないように過ごしたいものです。


  • 紫外線による肌へのダメージ

  • 紫外線による肌へのダメージ
  • 日ざしが強くなってくる季節になると、お肌にあたる紫外線も気になってしまいます。紫外線の強さも、量も増えてくる季節には、しっかりと紫外線対策を行わないと、すぐにお肌がダメージを受けてしまいます。

    お肌が紫外線からのダメージにさらされえると、お肌の水分がうばわれ、乾燥肌になったり、ひどいときには皮がめくれてくるといった症状にもなります。それに、とくに女性のかたは、紫外線によってメラニンが過剰に作られ、それが将来のシミやそばかすの原因となってしまうことを恐れているひとも多いでしょう。
    最近では、紫外線と皮膚がんとの関連も多く指摘されるようになってきていますから、子どもからおとなまで、なるべく紫外線にさらされないように過ごしたいものです。
  • 日焼け止めよりも安心

  • 日焼け止めよりも安心
  • 紫外線を防ぐ方法というと、日焼け止めをぬることがいちばん手軽で一般的なUVカットの方法かもしれません。しかし、しっかりと紫外線をふせごうと思うと、おのずとUVカット数の高い日焼け止めを使わなければならなくなります。そうすると、しっかりと紫外線を防げるのとひきかえに、お肌への負担も大きくなってしまうといった問題点があります。それに、夏場にたくさん日焼け止めをぬるのは、感覚的にも苦手だというひとが多いです。
    そこで使えるのが、UVカットのできるブランケットです。ブランケットがあれば、さっとはおるだけで、かんたんに紫外線からお肌をまもることができます。
    とくに赤ちゃんや子どもなどは、お肌にたくさんの日焼け止めを塗るのはお肌のことを思えば好ましいことではありません。
  • ブランケットの選び方

  • ブランケットの選び方
  • ブランケットなら、お肌への負担は最小限に、しかし紫外線を防ぐ効果はとても高いです。
    とくに、ブランケットを選ぶときには、UVカットのカット率を良く見て購入するようにしましょう。
    とくべつカット率が明記されていないときには、一般的に白いものより黒いもの、つまり、色が濃いもののほうが、紫外線を防ぐ効果が高いと言われています。
    しかし、黒ばかりだと、夏場のあついときには見苦しいとおもうひとも多いはずです。最近では、見た目にも涼やかな白いものでも、しっかりとカット率が明記されているものも多いので、そういったカット率を基準に選べば、見た目に涼しそうなものでもしっかりと紫外線をカットしてくれるので安心です。
    最近増えてきた高機能な繊維による遮熱効果もあるようなブランケットなら、紫外線カットに加えて、すずしく過ごすこともできます。
UVカットブランケットならカット率で選ぶ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事