脇をキレイにする為にしてはいけないNGなこととは?

脇をキレイにする為にしてはいけないNGなこととは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

157

脇をキレイにするためには、脇をキレイにする為にしてはいけないことも知っておかなければいけません。カミソリや毛抜きなどでのセルフケアは肌の負担が大きいことは知っている方が多いと思います。それに加えて、服と肌がこすれることによっておこる摩擦も刺激や制汗剤などの刺激となりかぶれや色素沈着の原因となることがあります。

  • 脇脱毛する為にしてはいけないこと

  • 脇脱毛する為にしてはいけないこと
  • 女性は身だしなみとして、ムダ毛の処理をしなければなりませんが、中でも脇の処理は、早い人で中学生くらいから処理をし始めなければなりません。

    その後、長きにわたって処理をし続けなければならない部位なので、このお手入れ方法が間違っていると、デリケートな脇の皮膚に与えてしまうダメージは計り知れません。

    脇をキレイにする為にしてはいけないことは、まず第一に、毛抜きを使った処理を行うことで、毛抜きは、ピンポイントで狙った体毛を処理できるというメリットはあるものの、無理やり引き抜くので、毛穴を目立たせてしまうことに直結します。

    この処理を繰り返していくと、脇毛がなくなっても、やがて毛穴がブツブツと鳥肌のように盛り上がり、赤みや黒ずみが出来、とても醜い肌になってしまいます。

    脇脱毛は女性が必ずしなければならないケアですが、見せられる美肌にする為にしてはいけないことを正しく理解し、早い段階から優しいケアを心がけましょう。
  • 肌摩擦は皮膚へ与えるダメージが強い

  • 脇は、普段の生活の中では、常に何らかの摩擦を受ける場所であり、肌同士が擦れ合っていたり、衣類が触れていたりします。

    肌はこのような刺激や摩擦を受け続けると、次第にダメージが蓄積されるようになり、様々な肌トラブルが現れるようになってしまいます。

    肌はダメージを受ければ受けるほど、自らを守ろうと働くので、肌を分厚くさせ、ごわつかせ、メラニン色素を過剰に分泌させるようになるので、黒ずみなどの色素沈着が出来てしまいます。

    脇をキレイにしたいなら、極力こういった摩擦を減らすことが重要なので、直接肌に触れる衣類の素材に気を遣ってみたり、肌を柔らかくさせるために保湿を徹底して行う、ということが大切です。

    同時に、必ずしなければならない脱毛時には、できるだけ肌に負担となる方法は避け、処理前後の肌の保護ケアもしっかりと行うようにしましょう。

    また、制汗剤の使いすぎも、刺激成分がかぶれや色素沈着の原因となるので注意しましょう。
  • プロの脱毛ケアは負担が少ない

  • 脇をキレイにしたいなら、できるだけ早い段階で、プロの脱毛ケアに切り変えるということも、とても意味のあることです。

    どんなに体毛が薄い人でも、脇の処理は女性ならば誰もがするものなので、長期にわたって肌を傷め続けるよりも、できるだけ若いうちに永久脱毛を叶えてしまえば、それだけ肌に与えてしまう刺激を減らすことができます。

    ただこの時に、エステサロンで脱毛ケアを受けても、永久脱毛は実現できない、ということを知っておきましょう。

    エステ脱毛は、毛母細胞にダメージを与えることで、体毛の質を弱らせ産毛のようにさせ、自己処理の頻度を減らし、簡単にさせることを目的としたケアです。

    定期的なメンテナンスは受け続けなければならないので、脇の皮膚に与えるダメージをゼロにできるわけではありません。

    どうせ時間とお金を投資してプロの脱毛ケアにトライするのであれば、毛母細胞を破壊させ、毛が生えなくなる医療脱毛がお勧めです。
  • 脇をキレイに見せるためのケア

  • 間違った脇脱毛を繰り返してしまったことによる肌ダメージを、少しでも回復させ、見せられる、触れられる脇にしたいなら、脇をキレイにする為にしてはいけないことをしっかりと守るとともに、脇も顔と同様に、集中したケアを行って見ましょう。

    前述したように、摩擦を受けやすい部位の皮膚は、肌ダメージが深刻になり、肌の潤いがなくなっています。

    顔に使っているスキンケアコスメを使って、同じようにお手入れをしてあげると、肌の弾力が蘇り、乱れてしまった肌内部の組織を整え、肌のターンオーバーを促してくれます。

    肌の新陳代謝が促進すれば、古い角質層は剥がれ落ち、新しいキレイな皮膚に生まれ変わっていくので、肌トラブルが自然と消えてなくなっていきます。

    加えて、ボディの黒ずみを改善させる専用の美白クリームを使って、どんどんとメラニン色素を排出させましょう。
    このダブルのホワイトニングケアで、ボディもくすみのない美肌に蘇っていきます。
  • 家庭用脱毛器は自宅でも永久脱毛が可能

  • キレイなボディを手に入れたいからといっても、誰もがプロの脱毛ケアに簡単にトライできるわけでもありません。

    時間とお金を捻出しなければなりませんし、他人に素肌をさらす必要もあります。

    そこでお勧めなのが、家庭用脱毛器を使ってケアをすることで、初期投資はかかりますが、長い目で見れば最も安上がりで、美肌が手に入れられる方法です。

    医療脱毛は、エステ脱毛よりは費用もかかり、強い痛みも伴ってしまうので、どうしても手軽なエステ脱毛に惹かれますが、このケアでは、一旦お手入れが完了した後も、定期的なメンテナンスは受け続けなければなりません。

    安い、痛みが少ないというメリットはあっても、継続したメンテナンスにかかる時間と費用はばかになりません。

    それならば、エステサロン並みのケアが自宅でできる機能性の高い脱毛器を買い、ダメージの強いカミソリや毛抜きと置きかえれば、徐々に毛の生えるスピードも遅くなり、やがては生えてこない状態にもさせられます。
脇をキレイにする為にしてはいけないNGなこととは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事