脇の黒ずみが発症する原因と、症状ごとに分かれる処置・治す方法

脇の黒ずみが発症する原因と、症状ごとに分かれる処置・治す方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

72

薄着の季節が近付くと気になるのが脇の黒ずみ、という方も多いのではないでしょうか。脇の下の皮膚は薄く損傷しやすいため、方法を誤ると治すどころか悪化の一途を辿ります。ここでは、代表的な3つの症状を挙げ、適切なケア・治療法を学んでいきましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 脇の黒ずみに見られる、代表的な症例とは
  • 症状が発生する、種類別の原因
  • 埋没毛タイプの脇のケア・治す方法
  • 毛穴の汚れや詰まりのケア・治す方法
  • 色素沈着による脇のケアや治療法
  • 他にも、ケアをする際のポイントや注意点
  • 脇の黒ずみに見られる、代表的な症例とは

  • 脇の黒ずみに見られる、代表的な症例とは
  • 脇の黒ずみには、大きく分けて3つの症状が主なものとなります。

    まずは、ムダ毛の処理方法を誤って行うことにより生じる「埋没毛」による黒ずみが挙げられます。

    次に、常在菌の住処であり、雑菌が繁殖しやすいエリアにおいて「毛穴の汚れ」によって発生した黒ずみが挙げられます。

    そして、脇の皮膚が薄く敏感であるがゆえの、ダメージを受けたなれの果てである「色素沈着」による黒ずみ、この3点が代表的な症状となります。

    特に、3つ目の色素沈着による症例が最も多く、脇の黒ずみの大半がこれによるものと思って良いでしょう。症状によって脇のケア・治すための処置法が異なるので、ご自身の脇の症状がどれに当てはまるのかを見極めた上でのケア・治療が必須となります。

    それぞれのチェック方法として、まずひとつめの埋没毛タイプにおいては、足や腕のムダ毛処理跡にもよくある「ブツブツの無色の斑点」があるかどうか、です。

    反対に、毛穴の汚れタイプに関しては、皮脂の汚れが毛穴に詰まるため、同じブツブツが発生するものの、こちらは黒い斑点となります。そして、3つ目の色素沈着タイプの場合、ブツブツがなく、脇の皮膚の色自体が変色しています。ブツブツの有無、そしてブツブツの色で3種類を見極めましょう。

    進行度合いによって回復する時間は異なりますが、自宅のセルフケアで脇の症状は十分治すことができます。ただし、軽い症状や中程度の症状なら回復は可能ですが、症状が重度の場合セルフケアでは限界があるため、皮膚科・クリニックで治すことを検討しましょう。
  • 症状が発生する、種類別の原因

  • 埋没毛タイプの場合、発生する原因は「脇のムダ毛を無理矢理抜く」という行為です。

    脇を見ると、一見全体的に黒ずんでみえますが、近寄るとブツブツが見えるのが特徴です。これらは、脇に限らず腕や足などさまざまな箇所でも起こりうる症状であり、毛抜きで毛を引き抜いたあと、毛が毛穴から飛び出すのではなく、皮膚を押し上げることによりブツブツを発生させてしまいます。

    次に、脇の毛穴の汚れによるタイプの原因は、日頃脇に使用する制汗剤やパウダー、そして脇にかいた汗を放置したり着用する衣服によって脇の通気性が優れず、脇の毛穴に汚れが詰まってしまうことです。結果、脇の皮膚が酸化して黒ずんでしまいます。

    また、脇の皮膚表面の代謝・ターンオーバーが滞っているという証拠でもあります。毛穴の詰まり具合によって、ブツブツができ、さらに言えば汚れが詰まっているため黒い斑点となります。

    そして、色素沈着タイプの脇が黒ずんでいる原因は、脇のムダ毛を処理する際に、カミソリや毛抜きの刺激に肌が負けてしまい、皮膚がダメージを受けたことによるものです。また、日頃摩擦が多い動きをしていたり、脇のムダ毛処理をしたあとに、脇の保湿を行っていない場合も同様に色素沈着を起こす原因となります。

    脇は乾燥しやすく、顔の皮膚と並んで皮膚が薄くデリケートな場所です。また、日常生活を普通に過ごしていても、脇は常に閉じている状態がほとんどなので、通気性も悪く、他の箇所よりも脇は雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

    黒ずみを治すためには、保湿ケアと同様に通気性を気にしたりなど、脇を繊細に扱ったりする必要があります。
  • 埋没毛タイプの脇のケア・治す方法

  • 黒ずんだ脇を治す方法として、まずはこれ以上埋没毛を増やさないために、毛抜きによるムダ毛の処理はやめましょう。

    どうしても毛抜きで行いたい場合に関しては、毛抜きで脇の皮膚を挟まないよう注意してください。もちろん、脇だけではなく、足や腕など他の箇所においても、毛抜きによる処理はおすすめできません。埋没毛が見られる箇所においては、無理に脇に埋没した毛を引き出そうとせず、そっとしておきましょう。

    ご自宅での脇の治療法としては、豆乳ローションを使うと良いでしょう。豆乳ローションには、保湿効果と抑毛作用があるため、お肌のケアを行いながら、ムダ毛の対策にもなります。特に脇の皮膚はデリケートで乾燥に弱いため、保湿は重点的に行いましょう。

    また、市販のピーリング作用のある製品を使うのも良いでしょう。ただし、製品によっては効果が強すぎて肌の負担になる方もおられるため、様子を見ながら使用するようにしてください。目安としては一週間に1~2回程度のケアで大丈夫です。拒否反応が出てないかどうか、確かめながら使用するようにしてください。

    両製品とも、大抵1000円前後で販売されているため、お手軽に試すことができます。
  • 毛穴の汚れや詰まりのケア・治す方法

  • 脇の毛穴の汚れ・詰まりが原因である場合、制汗スプレーやパウダーなどの使用頻度が高いと起こりやすくなります。

    成分が脇の皮膚表面の毛穴に詰まって、毛穴に汚れが蓄積してしまうからです。治す方法としては、とにかく脇を常に清潔に保つことが必須です。入浴時には、脇をきちんと洗いましょう。

    ただし、あまりゴシゴシこすると脇の皮膚は繊細なのでダメージを受けてしまいます。これが元で、色素沈着タイプの症状も同時に併発しかねないため、脇はやさしく丁寧に洗ってあげましょう。
    また、黒くなった脇をカモフラージュするために、ファンデーションを使用した場合もきれいに洗い流すようにしましょう。

    このタイプの治療法については、重曹を使用します。脇の毛穴に詰まった汚れ・皮脂を、重曹パックを使うことで改善できます。ただ効果は高いものの、繊細な脇の皮膚の負担となってしまうため、セルフケアの頻度は一週間に1回程度に留めておきましょう。それ以上行うと、脇への刺激が強すぎて逆効果です。

    また、入浴時に脇を洗う際に使用する石鹸を、皮脂の汚れ・詰まりを取り除くことができる成分が入った石鹸に変更するというのも効果的です。こちらも、成分によっては毎日使用すると脇には負担となるため、一週間に1~2回程度から始めましょう。両製品とも、大抵は1000円以内で手に入るのでぜひ探して試してみてください。
  • 色素沈着による脇のケアや治療法

  • 脇が黒ずんでいる原因が色素沈着によるものである場合、とにかく脇への刺激を減らすことと、脇の保湿を心がけることが対処法として挙げられます。

    下着や服は、想像以上の頻度で脇に摩擦を与えます。脇への摩擦が少ないデザイン、素材が柔らかいものにするなど、脇をいたわってあげましょう。また、カミソリなどでムダ毛を処理する場合、カミソリをかける回数を減らして肌への刺激を軽減させましょう。

    また、乾燥している状態は常にメラニン色素を作る温床となってしまいます。肌への保湿を忘れないようにしましょう。汗を放置してかきっぱなしの状態にすると、雑菌が発生する元となるので論外ですが、あまりにも拭き過ぎると今度は乾燥の原因となります。

    丁寧に、軽く拭うということを心がけましょう。入浴時に洗う際も、清潔にするのは当然ですが、強くこすりすぎず、やさしく洗ってあげてください。
    脇の治療・ケアには、天然精油であるバイオイルを使用したり、クエン酸を使ったりすると良いでしょう。

    ただ、クエン酸は効果が強すぎるため、敏感肌の方は注意して使用してください。また、先述の豆乳ローションを使用するのも良いです。抑毛作用があるため、ムダ毛の処理回数が減ることで改善できます。
  • 他にも、ケアをする際のポイントや注意点

  • 脇の保湿ケアに関して、乾燥を避けるためになくてはならないものですが、特に入浴後と処理後は必須です。

    今後症状を悪化させないためにも、お肌の大敵である入浴後・処理後には必ず保湿ケアを行うようにしましょう。入浴後の肌は、バリア機能が低下しているため、乾燥しやすくダメージを受けやすいです。
    そのため、保湿クリームや美容液でケアすることによって、肌を守ることができます。

    また、脇の黒ずみの原因のうち、カミソリや毛抜きによるムダ毛の処理か、衣服の摩擦によるものがほとんど直接的な原因と言い切っても良いでしょう。面倒だからといって、気軽に手早くムダ毛処理を行うのではなく、お肌をいたわってあげて、肌にやさしい方法で丁寧に行ってください。

    ここで紹介した方法を実行しても、脇の黒ずみを治す・薄くするには多少時間がかかります。しかし、急ぎの案件があって、すぐにでも脇の黒ずみをカモフラージュしたい場面もあることでしょう。そんな場合におすすめのアイテムが「ファンデーション」です。

    脇の黒ずみを隠したり、毛穴自体を隠すことができる、専用の「脇用ファンデーション」を選んで使用すると良いでしょう。ただし、使用したその日は帰宅してから、丁寧に洗い落として、毛穴に汚れが残らないようにすること、そして保湿ケアも必ず行うようにしてください。

    ただ、ここで紹介した方法はあくまで軽度〜中程度までの症状の場合に限ります。あまりにも深刻で、快方に向かわないと思ったら、すみやかに医師の診断を受けて治療してください。
脇の黒ずみが発症する原因と、症状ごとに分かれる処置・治す方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事