わき腹を細くすることによる副作用とは?

わき腹を細くすることによる副作用とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

87

わき腹を細くしたい人は、さまざまなダイエット方法を試している人がいるでしょう。ベストなのは、食事制限や運動などの副作用がない方法で成功することですが、効果が表れない場合は医療機関で行う脂肪溶解注射なども考えてみるとよいでしょう。今回は、その脂肪溶解注射の効果と、気になる副作用についてをご紹介していきます。

  • わき腹を細くしたいなら

  • わき腹を細くしたいなら
  • わき腹を細くしたい場合、食事制限や運動によるダイエットなら副作用の心配はありませんし、手軽に行うことができます。

    しかし、食事制限や運動を行ってもなかなかわき腹を細くすることができない場合は、クリニックなどの医療機関で施術を受けることも考えてみましょう。

    わき腹を細くしたい人におすすめなのが脂肪溶解注射という施術であり、これは気になる部分に注射をすることで脂肪を溶かし、脂肪の排出を促すことができるのです。切らない脂肪吸引と呼ばれることもありますし、効率よくわき腹を引き締めることができるでしょう。

    脂肪溶解注射はヨーロッパなどで認められており、日本でも評判となってきています。薬剤を注射するだけなので副作用のリスクも低いですし、短時間で施術が完了するというメリットが挙げられます。また、部分痩せに適した施術であり、治療を重ねることで効果を高めることができるでしょう。
  • 安心してわき腹を細く

  • わき腹を細くする脂肪溶解注射にはどんな効果があるのかということですが、その副作用やリスクについても詳しく知っておくことが大切です。

    脂肪溶解注射はわき腹など気になる部分に薬剤を注入することにより、その部分の脂肪だけを溶かすことができます。
    効果の出方には個人差もありますが、1~2ヶ月程度で効果が出てくるということです。1回では効果が出ないこともあるため、3~5回程度は施術を受ける必要があるでしょう。短期間で効果を実感したいという人におすすめです。

    脂肪溶解注射はセルライトにも効果があるとされており、なかなかわき腹が細くならないという人にも向いています。

    セルライトというのは皮下脂肪組織が脂肪や水分、老廃物などを溜め込んでしまうことであり、肥大化してコラーゲン線維と絡みつき固まってしまうということです。セルライトは運動や食事などをしてもなかなか落とすことができないと言われています。
  • わき腹を細くする効果

  • 脂肪溶解注射を受けると血液の流れが良くなりますし、溶かした脂肪が自然と体外に排出されることになります。

    このような効果があるため、わき腹やお尻、二の腕のセルライトを減らしたい人にもおすすめなのです。脂肪溶解注射には大豆などに含まれているタンパク質を含む成分が配合されており、このタンパク質によって脂肪細胞を液体化することができるのです。

    脂肪細胞の数は一生変わらないと言われており、普通のダイエットを行っても減らすことはできません。
    ダイエットを行うことで脂肪細胞を小さくして痩せることができますが、脂肪細胞がまた大きくなってリバウンドをしてしまうこともあります。脂肪溶解注射を受けて排出された脂肪は二度と増えることがないため、リバウンドのリスクもありませんし、半永久的なダイエットができるということです。

    わき腹は男女問わず皮下脂肪のつきやすい部分と言われており、脂肪のついている部分は人によって異なっています。
  • わき腹を細くしたいなら

  • 脂肪溶解注射を受けることで効率よくわき腹を細くすることができますが、脂肪が多い部分に合わせて脂肪溶解注射を打つ場所や回数などを決めていくことになります。

    太ももの内側も脂肪が増えやすいため、脂肪溶解注射の効果が出やすいと言われています。
    脂肪溶解注射はセルライトや脂肪を溶かす効果がありますが、何度か施術を受けることで効果を実感できるということです。

    脂肪溶解注射は施術を受けてすぐに脂肪細胞を破壊することができるため、軽い腫れやむくみ、内出血などの副作用が起きてしまうことがあります。
    ちなみに、ほとんどの症状は数日程度で治まるため、あまり気にしないようにすると良いでしょう。

    施術後に痛みが強い場合やなかなか変化が実感できない場合、できるだけ早くドクターに相談した方が無難です。脂肪溶解注射は麻酔のクリームを塗ってから施術を行うことになるため、施術による痛みはほとんどないと言われています。
  • わき腹を細くするメリット

  • 脂肪溶解注射は細い針を使って丁寧に施術を行うことになります。施術直後は痛みを感じることもありますが、1~2週間ほどで気にならなくなります。

    もちろん痛みの感じ方には個人差もあるため、痛みが続く場合はドクターに相談しましょう。脂肪溶解注射は病院によって使用する薬剤が変わっていますし、効果も変わってくるということです。

    脂肪溶解注射では脂肪を溶解する際に炎症が起きるため、腫れや痛みなどを感じることがあります。施術後にはだんだんと症状が治まるのですが、なかなか治まらない場合はアレルギーの可能性もあるので注意しましょう。

    脂肪溶解注射を受けた場合、1週間程度痒みが出てしまうこともあります。これも副作用ですが、基本的にはすぐに治まるということです。気になる痒みが出てしまった場合は安静にして過ごすようにしましょう。

    ちなみに、妊娠中の人などは脂肪溶解注射を受けられないため、別の方法でわき腹を細くするのがおすすめです。
わき腹を細くすることによる副作用とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事