わき腹を細くするおすすめの方法とは?

わき腹を細くするおすすめの方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

142

わき腹を細くする、おすすめの方法を知りたくないですか?わき腹は、太ってしまうと普段履いていた洋服のサイズが合わなくなってしまうなど変化がわかりやすい部位なので、引き締めて細くしたいを考える方は多いはずです。その方法は基本的な食事の見直しやエクササイズが主ですが、見落としやすいポイントも併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

  • 食事内容の見直しが大事

  • 食事内容の見直しが大事
  • 太りやすい状態の人は食べる量やバランスが悪い可能性があります。
    ですから、わき腹を細くしたい場合も日頃の食事内容を見直すことは重要です。

    摂取カロリーよりも消費カロリーの方が大きければ太ることはありませんが、カロリーが同じでも組み合わせや食べる順番で痩せやすくなったり太りやすくなったりします。
    どの位食べて良いのか・どのような組み合わせが良いのかなどを考慮して毎日の食事を摂ることはとても大切です。

    よく腹八分目と言われますが、実はこれは大変理にかなっています。腹八分目で止めておくと内臓の働きが良くなって食べ物の消化がスムーズに行われるようになり、代謝も活発になります。

    これが循環を高めることにつながりますので、毎日お腹いっぱいになるまで食べているという人は、少し手前で終えるように努力しなければなりません。ほんの少しだけ我慢をすることで、代謝の良い体作りを行うことができます。
  • 腹斜筋を鍛えることも有効

  • わき腹を細くしたい時には腹斜筋を鍛えるのもおすすめです。

    腹斜筋はわき腹部分についている筋肉であり、上手く筋力を向上させることができれば血液やリンパの流れも良くなって、太りにくい状態が手に入ります。循環が良くなれば冷え性も改善されますので、冷えに悩んでいる人にもおすすめの方法です。

    具体的に腹斜筋をつける方法は、体をひねる運動が効果的です。
    腹筋を行う場合でも、ただ単に起き上がるのではなくひねりを加えます。起き上がるだけの場合には主に体の前の部分が鍛えられますが、ひねりを加えることで腹斜筋がついてきます。

    また、少し足を開いて立ち、くの字のようなポーズを取ってお腹の辺りで左膝と右肘をくっつけるようにする動作も効果的です。ひねる運動を普段全くしていなかったり、腹斜筋の機能がかなり低下しているケースではストレッチをし始めた直後には筋肉痛になることもありますが、慣れてくれば起こらなくなります。
  • インナーマッスルを鍛える

  • わき腹を細くするには、インナーマッスルを鍛えるのも有効です。
    インナーマッスルを鍛えるのは難しいと思っている人も多いようですが、意外と簡単なストレッチで鍛えることができます。

    例えば、床の上で水泳のバタ足を行うのも効果的です。まず最初は横向きになり、床についている方の腕は真っすぐ上に伸ばします。両足は揃えて少し浮かせて、ゆったりとしたスピードでバタ足を行います。
    足を浮かせるだけでもかなり筋肉が使われていることを実感でき、上になっている方のわき腹には大きな負荷がかかっています。

    きちんとした姿勢を作ろうとすればするほどインナーマッスルが鍛えられることになり、代謝はアップしますので、最初は少し辛く感じるかも知れませんが長く続けることが大切です。

    インナーマッスルが鍛えられてくると良い姿勢を保つのが容易になりますので、全身の歪みを取り除くという意味でも効果的なストレッチだと言えます。
  • セルライトには揉み出しを

  • わき腹を細くしたい場合に注意しなければならないのが、セルライト状になったぜい肉です。

    セルライト状になると、ただ単に体を動かして代謝を良くしても細くすることができません。この場合には揉み出しが有効ですので、マッサージを継続するのがおすすめの方法です。

    マッサージを行う時は、なるべく代謝の良いタイミングを利用するのが効果的です。そのため、お風呂の時を利用して行うのが良いとされています。

    お風呂の時には体温が上がって燃焼されやすい状態になってます。その状態でマッサージを行えば不要なものを効率良く排出することができますので、わき腹を細くするためのケアもより効果が高まります。

    マッサージでは、ジェルやクリームを利用するのもおすすめです。その部位を温めたり燃焼を高めたりするような揉み出し効果をアップさせる成分が含まれているジェルなどを利用することで、少ない手間や時間で効率的なケアを行うことが可能になります。
  • 引き締めるためには日頃の服装も重要

  • わき腹を引き締めるためには日頃の服装も大事です。

    お腹が窮屈にならないような伸縮性の良い素材の服装ばかりを身につけていると、いつのまにかぜい肉がついてサイズがアップしてしまいます。緩やかな服装は負担がかからなくて楽なのですが、ダイエットをしたい時には避けなければなりません。

    目標を決めることも大切であり、ベルトの穴を一つ小さくすることを目指したり、ワンサイズ小さい服を用意してそれを着られるようになることを目標にするのも良い方法です。ダイエットを行う時にはただ痩せることだけを考えていると辛く感じてしまいますが、何か楽しい目標があれば頑張れるものです。

    無理をしない程度に実践して長く続けることも重要であり、短期集中型よりもリバウンドは起こりやすくなります。ダイエットをしている間に太る原因を見つけて日頃の生活の中で改善できる部分を模索することも、痩せやすい体質作りには効果があります。
わき腹を細くするおすすめの方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事