わき腹が太りやすい理由と、その解消方法とは?

わき腹が太りやすい理由と、その解消方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

213

お風呂に入る時に鏡を見てがっかりしてしまったこともあるでしょう。脇腹についた脂肪で悩んでおり、細くキュッとした「くびれ」に憧れている人もいるかもしれません。では、そんな憧れのくびれボディーになるためにはどんな方法を行えばよいのでしょうか。ご紹介していきます。

  • わき腹を細くしたいなら

  • わき腹を細くしたいなら
  • 脇腹が引き締まっていれば堂々と水着や下着を着ることができます。お腹というのはもともと脂肪が溜まりやすい部分であり、脇腹はお腹の中でも特に脂肪がつきやすい部分となっています。

    また、一度脂肪がついてしまうとなかなか落ちない部分であり、普段からの食生活に気を付けてみましょう。

    脇腹は少し油断をするとすぐに脂肪がついてしまうため、効率よくわき腹を細くする方法を知っておくのがおすすめです。

    わき腹を細くしてくびれを作りたいという場合、エクササイズを行うのが効果的となっています。脇腹は脂肪がつきやすい部分なのですが、ダイエットをすることで効果が出やすい部分とも言われています。

    脇腹を引き締めてくびれを作りたいという場合、脇腹に脂肪がつきやすい理由を知っておくこともポイントです。
  • わき腹に脂肪がつきやすい理由

  • 脇腹はエクササイズを行うことで簡単にくびれを作れる部分とされています。

    手足は細いのにお腹だけ出っ張っているという人もいるかもしれません。

    なぜ脇腹に脂肪がつきやすいのかということですが、その理由として人間の骨格があります。

    お腹は体の中で最も脂肪が溜まりやすい部分であり、効率よく引き締める方法を知っておくことが大切です。

    胸のあたりには肋骨がありますが、お腹にはそのような骨がないため、脂肪を溜めるのに最適なスペースとなっています。そのためお腹には脂肪が溜まりやすくなっているということです。

    また、心臓や肺は肋骨によって守られており、外からの衝撃に耐えられるようになっています。お腹にも腸などの臓器はありますが、それを守る骨がありません。

    そこで大切な臓器を守るため、お腹は脂肪をたくさん溜めているということです。お腹が出っ張っていると太っていると見られやすいため、気になっている人も多いでしょう。
  • わき腹を細くする方法

  • お腹に脂肪が溜まりやすいのはそれなりの理由がありますし、お腹の中でも特に脇腹は脂肪がつきやすい部分とされています。

    その理由は脇腹の筋肉にあるのですが、この筋肉は肋骨の横からお腹の中央にかけて存在しており、上半身を捻る時や内臓を守る時に使われることになります。この脇腹の筋肉は普段あまり使われることがないので衰えやすくなっています。

    普段の生活の中で上半身をひねることはほとんどありませんし、後ろを振り向く時くらいしか脇腹の筋肉が使われることはないでしょう。

    1日で何度も後ろを振り向くことはないですし、この筋肉は意識して使わないと弱ってしまいます。
    筋肉が弱ってしまうとその部分に脂肪がついてしまいますし、くびれが無くなってしまうのです。

    脇腹の筋肉は普段は使わないため、脇腹に脂肪がつきやすいということです。そこで効率よく気になるわき腹を細くしたいならエクササイズを行うと良いでしょう。
  • 洗濯バサミを使ってわき腹をチェック

  • 脇腹の脂肪を落とすためにエクササイズを行った場合、短期間でも効果を実感できるということです。

    わき腹を細くするためにエクササイズをしたいという場合、まずは脇腹にどのくらい脂肪がついているのかをチェックしてましょう。

    チェックの方法は簡単ですし、まずは洗濯バサミを用意することになります。
    まずは椅子に座って背筋を伸ばし、洗濯バサミで脇腹を挟んでみましょう。洗濯バサミで脇腹を挟むことができて、手を離しても洗濯バサミが落ちない場合、脇腹に余分な脂肪がついていると考えられます。

    そのためわき腹を細くするためにエクササイズを行ってみると良いでしょう。
    脇腹の筋肉を鍛えたいという場合、エクササイズとストレッチを組み合わせるのもおすすめです。エクササイズで筋肉を鍛える前にストレッチを行うことにより、エクササイズの効果がアップするということです。

    また、エクササイズの最後にストレッチを行った場合、筋肉痛を和らげることができるのです。
  • ストレッチとエクササイズでしっかりとわき腹を細くする

  • ストレッチでは横になって手を床につけ、上半身を起こして床側の脇腹から鍛えていくことになります。

    次は床から腰を上げて頭からつま先まで一直線にして上体をキープすることにより、脇腹に負荷をかけることができます。

    簡単にできるエクササイズなのですが、腰を上げた状態をキープすると脇腹に負荷がかかることになります。この状態を10秒キープすることで脇腹を鍛えることができるでしょう。

    辛いと感じた場合はもっと時間を短くしても問題ありません。怪我をしたら意味がないため、無理のない範囲で行うことが大切です。

    椅子に座った状態で行うエクササイズというのもあります。座ったままできるため、仕事中の休憩時間にも行うことができるでしょう。

    まずは椅子に座って背筋を伸ばし、両手を頭の上で組んで真っすぐ伸ばした状態からスタートします。ゆっくり左右交互に上半身を傾けて脇腹を伸ばしたり縮めたりしましょう。それによって脇腹を引き締めることができるのです。
わき腹が太りやすい理由と、その解消方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事