薬膳を料理として食べる効果にはどんなものがあるのか?

薬膳を料理として食べる効果にはどんなものがあるのか?

Thumb?1414295452 muah♪さん

125

健康と美容に良いものとして浮かぶものにおいしい料理があります。そんな料理の中でも薬膳はちょっと変わった料理になります。漢方でも使われることがある生薬を取り入れる料理なのです。手のこんだ料理のイメージですが、意外と簡単に作れるものもあります。

  • 薬膳とはどういったもの?

  • 薬膳とはどういったもの?
  • 薬膳はよく料理という言葉とセットで使われることがありますが、薬膳の「膳」という字は料理という意味がありますから、薬膳という言葉のみで使うのが正しいです。

    薬膳は中国医学に基づいて食材や生薬などを組み合わせて栄養はもちろん効果や色、味、香りなどバランスがとれた料理のことをいいます。

    中国では生薬のことを中薬といいますので、中薬と表現されることもあります。初めて薬膳という言葉が使われたのは1980年頃の北京のレストランだったといわれています。

    薬膳のもとになったのはなんと紀元前10世紀以降の時代に中国の皇帝の食事管理をしていた食医という医師でした。

    食医の仕事は料理によって健康を管理し、病気を予防・治療をしていたのです。薬膳は料理として自分で作るのは難しいと思われがちですが、実際にはあくまでも料理なのでコツさえつかんでしまえば自分でも簡単に作ることができます。

    混ぜるだけという料理もありますし、そんなに簡単に作ったものでも栄養や健康・美容的な効果などはしっかりと感じることができるのが大きな魅力なのです。薬膳は効果を感じてこそ薬膳といえるので、どんなものを使うのかということは自分の体質や季節、体調、精神的な気分などによって変えるのが良いです。

    漢方と薬膳を同じものだと勘違いしている人も時々いますが、薬膳は漢方料理とは言いません。
    漢方とは生薬を体調や症状などにあわせていくつか組み合わせた上で調合した薬なのです。

    それを飲むことで症状や体質の改善をしていくというものです。薬膳も同じように生薬を取り入れますが、こちらはあくまでも料理であり、病気を治していくものではありません。体の内側から体質を変えていこうというものです。

    健康効果や美容効果などがあるものを使うことで元気な体でいることができるようにするといったものなのです。

    薬膳と漢方は生薬を取り入れるという点は同じですが、簡単にいえば料理と薬という大きな違いがあるのです。

    漢方には即効性が期待できるものもありますが、薬膳はあくまでも徐々に体を変えていくというものです。
  • 薬膳の特徴について知っておこう

  • 薬膳の特徴としてあげられることは料理の材料として使われているものが生薬だけではないということでしょう。

    薬膳という名前からしても薬という漢字が入っているので生薬だけでできているものだと思う方もいるのですが、実際には普段食べているような料理に使う材料を使うこともあります。

    薬膳はあくまでも中国医学の理論に基づいたものでなければいけません。ですから、生薬を使っているからといってそれが必ずしも薬膳になるかといえばそうではないのです。

    中国の伝統医学である中医学は日本で最古の医学書といわれている「黄帝内経」というものをヒントにして経験を積んできたものです。

    その考えによると、人間は天と地との間にある自然の中で生きているものだから、その自然に調和して生きることが大事だということです。

    つまり季節や体調にあわせて食材を選び、料理を作るほうが良いという考えなのです。体質改善をしたり、ちょっとした症状を改善したい時には薬膳で体質にあった材料を使って料理することで薬と変わらない効果を得ることができるというのが薬膳のメリットになります。
    質の良い料理を作って食べることで、効果としてはきれいな血を作ることができます。

    きれいな血を作ることができると体全体の自然治癒力がアップし、元気になれるというわけです。

    逆に食事を適当にして不摂生していると血が汚れてしまい、体の自然治癒力が下がってしまうので体調を壊しやすくなり、病気にかかりやすくなります。

    そして薬膳をせっかく食べるのですからその効果をしっかりと得たいものです。そのためには料理の材料にこだわるだけではなく、食材の特徴をしっかりととらえて調理方法にもこだわることが大事です。

    ずばり大事なことはできるだけその食材の捨てる部分を減らすことで、食材が持つ栄養などをたっぷりと摂取し、健康効果や美容効果などにつなげます。

    もともと自然の中で生きている時は捨てる部分も含めてその食べ物だったので、捨てる部分にも栄養がたっぷりと含まれていることが多いのです。
  • 薬膳と漢方の見分け方とは

  • 同じ生薬を使うものといえば漢方があります。

    日本ではおなじみの葛根湯は漢方としてよく知られており、風邪に効果的だということで病院でも処方されることがあるほどです。

    薬膳は薬ではありませんが、はるか昔中国では皇帝の食の管理を行なう食医という存在があり、他の内科医や外科医などより身分的には上だったほどです。

    簡単にいえば、漢方とは中国医学をもとに日本人向けにアレンジされたもの、薬膳とは生薬だけではなく、季節のものや体調などを考えながら食材を選んだ上で作る料理で体質改善をするということです。漢方も即効性があるものがありますが、多くは体質改善をして健康効果を得ようというものなのでそういう意味では薬膳も漢方も同じだといえます。

    漢方は漢方薬といわれるくらいなので、生薬のみを体調や体質にあわせて組み合わせて薬のように使われます。
    西洋の薬とは違って、比較的副作用が出にくいものが多いということがメリットです。

    薬膳は薬として使うものではありません。あくまでも料理なので、毎日の生活の中で出される食事なのです。

    例え、薬膳の食材として生薬が使われていたとしても漢方料理とは言いません。漢方は料理ではないからです。

    薬膳はあくまでも薬膳という言い方をするものであって、長期間いろんな薬膳を食べ続けることで漢方と同じ健康効果を得ることができたとしても漢方料理と呼ばれることはないのです。

    薬膳は日本でも専門店ができるなど知名度は少しずつ上がってきてはいるものの、漢方ほど知られているものではありません。漢方と薬膳の効果が似ているからと同じものだと思っている人も多いのです。

    薬膳や漢方それぞれの効果をしっかりと得るためにもその効果の違い、治療に使うものと料理であるという違いがあるという点はしっかりと理解しておくほうが良いでしょう。

    ちなみに漢方にも薬膳にも使われる生薬もあります。有名な高麗人参はどちらにも使われることが多いですし、日常の生活でも使うことが多いショウガもどちらにも使われます。
  • 薬膳を食べるメリットはある?

  • 薬膳を食べるメリットはいくつもありますが、中でも一番のメリットはやはり体の内側から健康効果や美容効果を得ることができるということでしょう。

    一時的な効果ではなく、体質改善をするということはずっとその元気な状態やきれいでいる状態を保つことが期待できるということなのです。

    しかもサプリメントなどは継続するためにはある程度高額な費用を支払い続けなければいけないという面がありますが、薬膳は普段の食事の中で工夫できることなので節約をしつつ、様々な効果を得ることができるという点が大きなメリットだといえます。

    しかも薬膳はただ健康や美容に良いというものではなく、毎日口にするものなので味にもこだわることができるため、おいしい料理を食べながら効果を得ることができるのもうれしいところです。

    また漢方などオーダーメイドで個人個人が違うものを処方されるものではありませんから、家族皆の健康を気遣うことができます。

    もちろん薬膳はその人の体質にあわせることも重要なことなので厳密にはそれぞれで違うメニューを出すほうが良いのですが、共通して改善したいことにはその効果を期待することができるのです。

    薬膳の知識は学べば学ぶほど増えていきますし、それをすぐに日常生活の中に取り入れることができるのも良いところです。

    そして専門家でなければできない漢方とは違って、誰もが思い立った時にすぐに気軽にできるのもメリットだといえるでしょう。食材に関しての知識も増えるので料理のレパートリーも増えますし、それぞれの効果を知ることで組み合わせる方法もいろいろできます。

    食材は青・赤・黄・白・黒の5色に分類され、温める性質があるものか、冷やしてしまう性質があるものかということを5つに分類することができます。

    薬膳ではそういったことを考えながら料理を作るのが基本なのです。また食材には六味といって酸味(渋味)や苦味、甘味、淡味、辛味、塩味に分類することもできるのですが、これらを食材の効果と共に工夫しつつ、薬膳を作ります。
    料理の腕前が上がる方も少なくありません。
  • 薬膳を食べる上での副作用はあるのか?

  • 薬膳は食べるものですから、食材自体にアレルギーを持っていなければ副作用が出てしまうといったことはほとんどありません。

    ただし生薬を食材として取り入れる場合にはその使う量には気をつけたほうが良い場合もあります。

    また普段から服用している薬との組み合わせが悪かったりすると副作用が出てしまう可能性がありますから、その点は担当医に確認をとってみるのも良いでしょう。

    副作用が出る可能性がある生薬はいくつかありますが、例えば麻黄は高血圧や動悸、発汗、排尿障害などがあります。大黄は腹痛や下痢、便秘、食欲不振があり、附子は動悸、のぼせ、舌の痺れ、悪心があります。

    薬膳を食べていると副作用ではないけれど、それと似たような症状が出ることもありますので区別する必要があります。

    胃が弱っている時に唐辛子やショウガなどの香辛料やスパイスを取り入れた薬膳を食べると胸やけや胃の痛みなどが出る場合があります。

    香辛料などではなくても脂っこいものや刺激の強いものを取り入れた薬膳を食べると胃に負担がかかることもあります。

    しかしこれは一時的な症状であり、胃の状態が回復すればそういったこともなくなります。胃の調子がすっきりしない時はそういった食材を取り入れないように胃に優しい薬膳を作れば胃への負担は減ります。

    もし薬膳が原因による副作用が出た場合はその料理は食べないようにして症状が軽ければ様子をみるようにしましょう。

    あまりにも症状がひどいようであればすぐにでも病院で診察を受けるか、生薬などの知識を持つ専門家に相談してみるのも良いです。

    体を温めることができるということで特に女性には人気があるショウガですが、これも効果をしっかり感じたいからと一気に大量に食べれば胃に負担がかかって痛みや胸焼け、不快感を感じる可能性があります。

    薬膳に使う生薬や食材などは大量に食べれば良いというものではありませんから、毎回作る時に適切な量を使用するようにということを心がけておくことがとても大事なのです。
  • 薬膳のメニューにはこんなものがある

  • 薬膳を作るといってもどんなレシピがあるのかわからないという方も多いでしょう。

    しかしとても簡単に作ることができる薬膳は意外とたくさんあります。

    例えばヘルシーなのでダイエット中でも安心して食べられるのが豆腐ハンバーグです。つなぎとして山芋を取り入れることで、山芋の疲労回復効果、滋養強壮、強精、消化を助けて気を補うといった効能を得ることができます。

    山芋は和食などにはよく取り入れられるものですが、この山芋も薬膳に使われる食材の一つなのです。

    またデザートを薬膳として作ることもできます。15分以下で作れるものに紅麹プリンのベリーソース添えがあります。

    ベリー類は血を増やす効果、紅麹は血流を良くするという効果があります。15gのアガーと紅麹小さじ1をすり合わせておき、鍋に水200cc入れてアガーと紅麹をすり混ぜたものをそこへ入れてよくかき混ぜてから沸騰させ、1、2分煮立たせてから火を弱めて大さじ1の蜂蜜や少し温めておいた40ccの豆乳を加えてさらによく混ぜます。

    粗熱をとったらプリンの器に注いで固めます。できあがったらフレッシュラズベリーやブルーベリージャムをお好みでかけて出来上がりです。

    アンチエイジングや美肌効果を得たいという方にはぴったりなレシピです。アガーは透明感があり、常温では溶けないタイプのゼラチンのようなものです。

    風邪をひいてノドがイガイガするという時におすすめなのがナシと大根の和え物です。ナシと大根という意外な組み合わせですが、ナシは熱をさげる効果がありますし、大根には消炎作用がありますのでノドが乾燥してイガイガしてしまう時などに食べるのが良いでしょう。

    ナシは食べやすい大きさのイチョウ切りにカットし、大根はすりおろした上で軽くしぼっておきます。

    貧血予防や視力減退の時、疲れ目、アンチエイジング、肝機能を高めるといった効能があるクコの実は水で戻しておきます。これらの材料を全てボウルに入れて、リンゴ酢をお好み量かけてさくっと混ぜ合わせて出来上がりです。
薬膳を料理として食べる効果にはどんなものがあるのか?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事