薬膳料理とはどんなものか?食べることでの効果について

薬膳料理とはどんなものか?食べることでの効果について

Thumb?1414295452 muah♪さん

285

健康は食にありとはよく言われたものですが、その中でも薬膳料理にはどんな特徴がありまた食べることでどんなことが期待できるのかご存知でしょうか。そこで、様々な特徴や効果などについて詳しく考えてみましょう。

  • 薬膳とはどんなものか

  • 薬膳とはどんなものか
  • 普段食事をするときにどんなこと考えながら食事をしているのか振り返ってみたことはあるでしょうか。

    特に何も考えずに食べている、あるいは食材にこだわって体にに良いものを選んで食べているなど人それぞれだと思われます。

    薬膳料理とは、食材の一つ一つの特徴や効能などを意識して体の働きや機能を今日かあるいは体質を良くしていくために食べていくことを目的としたのが薬膳料理とされています。

    ただお腹を満たすだけなのならどんなものを食べても構わないと言えますが、だれが何のために、何を目的として食べているのかを重心しながら健康でより良い生活を送っていくために生きる基本でもある食事のことを考えつつ食べ行くのが薬膳の考え方とされています。

    特に日本は食の欧米化に加えて世界中の食べ物が食べられるある意味では幸せな国に成長したと言えますが、その反面で食べ過ぎや好きなものや嗜好品ばかりを食べていく生活によって健康自体が蝕まれていると言っても過言ではないでしょう。

    食材の一つ一つの効能などを把握しながら健康に生きていくための食べ方というのはすたれてしまっていることが多いとされています。

    そのため、今一度今までの自分の食事を振り返ってただ食欲のために食べていくのではなくいつまでも若々しく健康に生き生きと過ごしていけるように食の観点から考えていったのが薬膳なのです。

    では実際には薬膳にはどんな特徴や効果性能があるのでしょうか。

    また、薬膳の見分け方、食べていくのことでのメリットとしてはどんなことが考えられるのか、副作用や注意点などについてもこの機会に詳しく考えてみてはいかがでしょうか。

    今まであまり薬膳に興味がなかった人や食べたことがなかったと人でも詳しく知ることで体や健康のために食べていこうと考え方が変わることもあるかもしれません。

    「人は食べ物で養われる」という言葉もあるように原点に戻って今一度薬膳についてしっかりと理解しこれからの健康的な生活のために役立ててみてはいかがでしょうか。
  • 薬膳の特徴・効果性能について

  • まずは、薬膳の特徴や効果性能などについて考えてみましょう。

    薬膳の特徴としては漢方などの生薬だけでなく私たちが普段普通に食べている肉や魚、乳製品などの食材も使用するとされています。

    よく漢方と同じように考える人が多いようですが漢方が年齢や体質、季節などを診ながら細かく一人一人に合わせた薬を調合していくのと違い、薬膳はあくまで料理であるためそこまで細かく調節することが難しいとされています。

    そして、病気の治療をする目的ではなく病気を予防するための料理として発展し今日に至ります。

    一昔前までは漢方独特な香りが薬臭いと言われていたこともあるようですが最近では改良が重ねられて美味しく食べられるようになったこと一般の人にも身近になってきたと言えます。

    美肌を求めて薬膳料理を食べる人やアルコールを飲む機会が多いので少し肝臓を休めたいと言って食べる人もいるようです。

    漢方などで使用されるスパイスを薬膳料理に入れることで様々な体の不調の予防に効果的とされています。

    料理の種類によって日頃の体のバランスを整える効果や女性の場合は冷え性などの予防にも良いとされています。

    最近では食習慣によって肥満症を始めとするメタボリックシンドロームなどで悩む人も多いようですが、薬膳料理は肥満を予防したい人には非常に効果的とされています。

    通常ダイエットを行うとなると厳しい食事制限や定期的な運動などが良いとされていますが今まで食べていた量を急に減らすというのは難しいものがありますし大きなストレスの原因となって返ってリバウンドを起こしてしまう場合もあるとされています。

    しかし、薬膳料理であれば食べる量はそこまで減らすことなく食材の組み合わせや食べ物の質を変えることで体に作用し体質改善となることで無理に食事量を減らさなくても痩せられる効果が期待できると言えるのです。

    薬膳で美味しく食べながら痩せられるというのはまさに理想的なダイエットとも言えるでしょう。

    このように、現在だけでなく将来の自身の体の健康を考えた上でも薬膳は非常に有効な食事と言えるのです。
  • 薬膳の上手な見分け方

  • 中医学位論に基づき調理された料理である薬膳ですが、上手な見分け方としてはどのような方法があるのか気になるところではないでしょうか。

    簡単に言えば中医学異論に基づているかどうか否かが大きな見分けかとされていますがそれだけではわかりにくいという人も多いかもしれません。

    薬膳の見分け方としては生薬が使用されていることと、陰陽五行に従って食材を使い分けながら体のバランスを整えていくことを図ることとされています。

    たとえば、薬膳では甘い、酸っぱい、苦い、辛い、塩辛いの「五味」の味に分けるとされており、この五味は五臓と密接な関係にあるとされています。

    酸(すっぱい)は肝臓に効果があり苦(にがい)は小腸と心臓、甘(あまい)は脾臓と胃、辛(からい)は肺と大腸、鹹(塩辛い)腎臓と膀胱と関係があるとされ、つまりこの五臓の働きを良くしていく料理を食べることで体を健康にしてバランスを整える効果が期待できるとされているのです。

    それに加えて漢方の原理も同じように取り入れているのが薬膳の見分け方と言えます。

    漢方の原理と言えば「気・血・水」の流れを整えることで弱っている内臓や体の部分を強化して働きを助ける作用のある薬効成分を含んだ食材を使用するのも薬膳と言われています。

    さらに「寒・涼・平・温・熱」といった五性にも配慮しながら体内の環境を健康に保って体のバランスを整えて病気になる前に未然に防ぐ効果もあるのが薬膳料理と言えるでしょう。

    漢方のように季節や体質に合わせて食材を選んで伊料理をしていく、というのが薬膳の見分け方と言えます。
    似たような考え方として玄米を中庸として食材を陰陽分類をしていくマクロビオティック料理がありますが、薬膳の場合はマクロビオティック料理と違って肉や脂も普通に使用していきますのであまり食べ過ぎてしまうと太ってしまうことも考えられますので注意が必要と言えるでしょう。

    ただ、一般的なファストフードや脂質の多い食事などをしているより確実に肥満症には効果的と言えます。
  • 薬膳で考えられるメリット

  • このように、食べていくことで体のバランスを整えて病気を未然に防いでいく効果が期待できる薬膳ですが、食べていくことでのメリットとしてはどんなことが考えられるのでしょうか。

    もちろん、薬膳を食べていくことで体の調子を整え美肌になる効果や冷え性改善効果、メタボリックシンドロームの改善効果や予防に効果的ということは前述しましたがそれ以外に考えられるメリットとしてはどんなことがあるのでしょうか。

    実は薬膳には資格というものがあり、芸能人やモデルなどの美意識の高い人たちの間でも話題となっているのですが、薬膳について詳しく知ることによって体の内側から健康で綺麗に慣れるというメリットもあるとされています。

    バランス良くたくさんのものを食べるというのはどんな人でも比較的できることですが、薬膳のように一つ一つの食材にこだわって組み合わせを考え自分の体質に合ったものを食べていくというのは非常に難しいことと言えますが薬膳の知識があれば簡単にできることだと言えます。

    健康のためにサプリメントなどを利用する人もいますがその場合には健康に対する効果だけに限らず副作用なども気になります。

    いくら健康に効果的だとは言え食事を食べること以外にサプリを摂取していくことを負担に感じる人もいると思われますが、薬膳なら普段の毎日の食事によって健康的な体を維持していくことが可能なだけでなくほとんどが天然素材の食材を使用していることから副作用が出る心配も考えにくいといった利点もあるとされています。

    経済的な観点から言っても、サプリメントを購入して健康を維持する効果よりも、薬膳料理は毎日料理に使用する食材だけで健康を維持できるのだとしたら経済的なメリットも大きいと言えるでしょう。

    薬膳料理を自分で学んで作っていくことで料理のレパートリーが広がって一般的な普通の料理もただ作っていくのではなく健康のことを考えた違う観点から作ることが出来るのも良い点と言えるでしょう。

    このように、薬膳を食べることで考えられるメリットは体質改善や健康維持、病気の予防以外にもたくさんあると言えるのです。
  • 薬膳の副作用・注意点

  • 今度は薬膳を食べていく上で考えられる副作用や注意点などについて考えてみましょう。

    そもそも薬膳は中医学に基づいて漢方などの生薬を使用しながら季節に合ったそれぞれの食材を使用して作られる料理です。

    そのことから、基本的には天然の食材の力を活かして作られる料理であるため副作用が出る可能性などについてはあまり考えにくいとされていますが、考えられる副作用があるのか気になるところではないでしょうか。

    薬膳の場合、スパイスとして使用する漢方によっては体質に合わずにアレルギー反応を起こしたりお腹を下して体調が悪くなることも考えられるとされています。

    漢方薬と違い一人一人の大使に合わせて作られるわけではないため、料理の種類によっては体質に合わないものが入っている可能性もないとは言い切れません。

    たとえば甘草などは多量に摂り過ぎると頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が出る恐れがありますので薬膳に含まれている甘草でそれらの症状が出た場合には注意が必要と言えるでしょう。

    薬膳を食べることでもしお腹を下したり体調が悪くなるなどの何かしら異変があった場合には、無理に食べようとはせずに食べるのを中止して体の様子を見ていくのが良いと言えます。

    その他のことに関しての注意点と言えば、最近の薬膳料理は一昔前に比べて非常に美味しくなっていることから場合によっては食べ過ぎてしまい逆太ってしまうことも考えられるとされています。

    ただ、前述したようにメタボリックシンドロームや肥満症で悩んでいる人の場合には薬膳は有効とされていますので、もともと食生活が乱れていて欲望のままに食べていた人が薬膳料理を食べることで体質改善となり痩せる効果が期待できることは十分にあると言えます。

    しかし、普段からダイエットをしていて糖質や脂質のとり方、カロリー制限などを気にしている人が食べた場合には脂質も糖質も十分に使用する薬膳の場合にはカロリーのとり過ぎとなって太ってしまう可能性がありますので注意が必要と言えるでしょう。
  • 薬膳の商品や料理の紹介

  • 最後に、薬膳の商品や料理について少しご紹介していきましょう。

    最近では薬膳の商品を扱うお店も増えてきており、生理痛やPMSなど女性特有の体の不調にも効果的な「ナツメ」を使用したチップスや、滋養強壮や疲れ目、老化防止などに良いとされているクコの実がそのまま砂糖漬けになっている商品などもあるとされています。

    ヘルシーな朝食やおやつにも良い八宝粥や山芋や高麗人参、ハスの実などが入った薬膳鍋や薬膳スープのキットなども販売されているようですので、体質や好みに合わせて一度購入してみるのも良いでしょう。

    では今度は薬膳料理としてはどんなものがあるのでしょうか。

    薬膳料理として韓国でも人気があり専門店も多いサムゲタンは、代表的な料理とされています。

    一匹丸々鳥を使用してなつめやもち米、ニンニクやしょうが、松の実など様々な材料を入れてしっかりと煮込んでいくだけで簡単に作れますのでご家庭で作って味わってみるのもおすすめと言えるでしょう。

    その他には、水分をたっぷりと含んだ冬瓜を使用したスープや冷えた体を温めるのに最適な薬膳カレーなどもおすすめです。

    大根にも似た冬瓜は冬場の定番と思われがちですがたっぷりと水分を含んでいるので梅雨の時期には体内の余分な水分を排出するのに効果的ですし、暑い時期にはのどを潤すのに良いとされています。

    薬膳カレーは身体冷えやすい人には生姜やにんにく、山椒などを使用したものが良いとされており、血が滞っている人には黒豆や小豆、サンザシや菜の花などを入れた薬膳カレーがおすすめです。

    デトックス効果もあり便秘や体内の毒素を排出するのに効果的とされているのは、毒素を排出しやすくする干しシイタケやきくらげを合わせてタケノコやもやし、緑豆などを使用した炊き込みご飯も良いとされています。

    肝臓の機能を高めたい人には、ウコンや牡蠣、アサリやハマグリ、ホタテなどの魚介類を使用した炊き込みご飯も良いでしょう。

    どれもそれほど難しくなく少しの工夫で簡単に作れますので自宅で薬膳レシピを作って健康的な生活を送るのに役立ててみてはいかがでしょうか。
薬膳料理とはどんなものか?食べることでの効果について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事