治らない予期不安・・・パニック発作に効果的なツボ4選

治らない予期不安・・・パニック発作に効果的なツボ4選

Thumb?1414295452 muah♪さん

1287

パニック発作が起こるのではないかと不安になってしまう「予期不安」。なかなか治らない予期不安ですが、そんなときに心を落ち着かせるツボを知っていたら、とても心強いですよね。今回は、パニック障害やそれによる予期不安に効果的なツボを調べてみました。

出典: pixabay.com

  • 予期不安にツボ押しが効果的な理由

  • 予期不安にツボ押しが効果的な理由
  • 人体には、様々なツボが点在しています。
    その中には、精神を落ち着かせる効果のあるツボや、自律神経の働きを整えてくれるツボなどもあるのです。
    手のツボなど、電車の中や人前でも手軽にできるものも多く、予期不安を感じたときに簡単にツボ押しを行うことができます。
    予期不安の症状以外にも、色々な効果のあるツボも多いので、是非覚えて実際に不安を感じたときに試してみてくださいね。
  • 予期不安に効き目のあるツボ

  • 予期不安に効き目のあるツボ
  • ◆手のツボ
    ・神門(しんもん)
    手首の横じわの小指側にあるツボです。少しくぼんでいるので、触ると分かりやすいと思います。緊張をほぐして、精神的なイライラを鎮めてくれるツボです。親指で少し強めに指圧します。大体10~20回くらいが目安です。

    ・合谷(ごうこく)
    親指と人差し指の骨の間の、やや人差し指側に位置するツボです。気持ちを落ち着かせるツボで、自律神経の働きを正常にしてくれる効果もあります。親指で少し強めに、押したりもんだりを繰り返してください。

    ・外関(がいかん)
    手の甲側にあるツボで、手首の関節の中央から指3本分くらいのところにあります。血流を良くする効果があり、主に肩こりの治療などに用いられますが、パニック発作によるめまいや吐き気などにも効きます。


    ◆爪もみ
    爪の近くのツボは、副交感神経を刺激し、精神を安定させます。
    特に小指の爪のツボは、不安神経症にも効果が期待できます。
    爪もみといっても、爪自体をもむのではなく、指の爪の生え際の両脇を刺激します。
    親指と人差し指をつかって揉み込んでください。
    薬指は交感神経を刺激するので、予期不安を鎮めたい場合には揉まないほうが良いです。
  • ツボ押しを効果的に使って予期不安をコントロールしましょう

  • ツボ押しを効果的に使って予期不安をコントロールしましょう

    出典: pixabay.com

  • 予期不安が起こる状況は人によって様々ですが、多くは人前であることが多く、大げさなリラックス方は実行するのが困難です。
    しかしツボ押しは小さな動作で簡単に行えるため、公衆の面前でも堂々と行うことができます。
    その際、ただツボを刺激するのではなく「リラックス、リラックス…」など、自分を落ち着かせる言葉を思い浮かべながらツボ押しをしてみてください。
    言葉と行動の相乗効果で、きっと更なる効果を実感することができるはずです。
治らない予期不安・・・パニック発作に効果的なツボ4選
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事