腰痛や足のしびれの対策としてはコルセットも有効

腰痛や足のしびれの対策としてはコルセットも有効

Thumb?1414295452 muah♪さん

976

腰痛は様々な原因から発生致します。特に足のしびれが出現しやすい腰部椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症に焦点をあて症状や対策をご紹介します。まず腰部椎間板ヘルニアは、腰部の背骨と背骨の間には椎間板という軟骨のクッションがあります。その椎間板の中に、髄核というものがあり、それが椎間板から飛び出てきて、神経に圧迫することで、腰痛や足のしびれなどが出現します。


  • 出典: instagram.com

  • 圧迫がひどいと、痛くて歩くことも起き上がることさえもできない場合もあります。対策としては、まず痛みが強い時は、身体を動かさないように安静にすることが1番ですが、コルセットを着用し腰をしっかり固定し動かないようにすることも大切です。また炎症や痛みを抑える注射や内服をすることも必要となります。これらで徐々におさまってくる際は、その後、リハビリをうけることで改善して行きますが、おさまらない場合は手術という選択も必要になります。
  • 出典: instagram.com

  • 次に脊柱管狭窄症ですが、高齢により背骨が変形してくることで、その変形した骨が神経をさわり、腰痛や足のしびれが出現してきます。また変形以外に、背骨の位置がずれてきて神経の通り道が狭くなり、神経をさわることで、同じく腰痛や足のしびれが出現してくる場合もあります。その場合も、ヘルニアと同様、痛みが強い時は、安静が1番ですが、コルセットを着用し腰を固定することで痛みが緩和することも多くあります。
  • 出典: instagram.com

  • コルセットには軟性と硬性のものとあります。市販でも購入できますが、症状が強い時や慢性的な場合、病院で自分にあったコルセットを各々作成してもらうことをお勧めいたします。自分の体型にあったサイズでなければ、効果が期待できません。
  • また、長期間使用する場合は、1点注意が必要となります。長く着用することによって、自分自身の腹筋や背筋の力を使わなくなり、筋力が落ちて行ってしまう可能性があります。力が落ちると、痛みをぶり返しやすかったり、痛みがなかなか軽減せず日常生活にも支障を来す恐れがあります。そうならないためにも、痛みが少ない日などは着用時間を短くしたり、腹筋や背筋の筋力強化運動を行い、自分自身の筋肉のコルセットを作って行くことが1番の治療法です。痛みがある中で安全に行える運動法としては、仰向けの姿勢で、両膝を立たせ、両手をお臍の上に置き、頭をあげお臍を覗き込む運動で腹筋を鍛えます。背筋強化も同様、仰向けになり、両膝を立たせ、そのままお尻を浮かす運動で鍛えることができます。是非、行ってみて下さい。

腰痛や足のしびれの対策としてはコルセットも有効
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事