腰痛と足のしびれなどは運動することでも予防できる

腰痛と足のしびれなどは運動することでも予防できる

Thumb?1414295452 muah♪さん

483

腰痛がする、足のしびれがする、などの症状が同時に起こることがある場合はできるだけはやめに病院で受診するようにします。
腰の痛みが足からきているのか、それとも足の痛みが原因で腰に痛みがあるのかはわからないけれど、その両方の症状が繰り返し、またはずっと長く続いている場合は、接骨院や整体などに通ってもなかなか改善されることが少ないといいます。
できるだけ早く病院の専門医に診察してもらうことが大切です。


  • 出典: instagram.com

  • たとえば、太ももから足先にかけて、片側の足にしびれを感じる、という場合です。考えられるのは椎間板ヘルニア、もしくは坐骨神経痛です。両方が一度に起きている、という場合もあるということです。
    椎間板ヘルニアというのは、背骨の間にクッションの役割をもって存在している椎間板が骨と骨の間から飛び出してしまっている、という状態です。その椎間板が周囲の神経を圧迫して痛みを感じるようになってしまっているという状態なのです。
    坐骨神経痛は、お尻から太ももの裏側を通り、かかとあたりまでつながる坐骨神経というものが途中で刺激を受けていることで痛みを感じることになるのです。
  • 出典: instagram.com

  • 腰痛も足のしびれもこの症状はどちらも関係があります。腰痛や足のしびれを自覚したときには、できるだけ早く整形外科を受診するようにします。
    普段からあまり運動をしない、運動するのが嫌いな人などはとくに痛みを感じることがありますが、疲れで症状が出てくる場合もあります。なので、できるだけ軽い運動を続けるようにしておくことが大切です。
    このような症状になったり、病気になったりしないようにするために、同じ姿勢を長時間続けたりしない、仕事の間に意識的に休憩を挟むようにする、身体を伸ばすストレッチをするなどの工夫をして予防することも大切だということです。
  • 出典: instagram.com

  • 腰痛の原因にはいろいろなことが考えられます。
    ですが、そのなかでもごく考えられやすいのが先にあげたふたつの症状なだけで、実は腰の痛みが内蔵の病気のあらわれだった、という場合もあります。我慢しすぎずに、ある程度たっても痛みが改善されない場合は、専門医の診察をしっかりと受けて治療をすることが大事です。足のしびれなどは脳に関係した病気の可能性もありますし、運動不足によるものの可能性もあります。
    腰の痛みが起こらないように定期的に運動をする、足のしびれ、痛みなどは体の内側からのサインの可能性が高いのですが、外的な要因があったから、という場合は腰痛をまずは改善することが大切です。

腰痛と足のしびれなどは運動することでも予防できる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事