腰痛や腹痛が発熱と同時にある場合には早めに病院へ

腰痛や腹痛が発熱と同時にある場合には早めに病院へ

Thumb?1414295452 muah♪さん

24672

腰痛に発熱が同時に起こるときや、腹痛まで感じるときなどはできるだけ早めに病院で医師の診察を受けるようにすることが大切です。腹痛と発熱が同時にある場合も早めの診断が大事になってきます。熱というのはその症状によっていろいろと違いますが、やはり症状があるからでるのであって、熱が出ているから、というのが原因ではないのです。


  • 腰痛と同時に発熱がある場合

  • 腰痛と同時に発熱がある場合
  • 出典: instagram.com

  • 腰痛と発熱が同時にある場合には、腰は直接の原因ではないことが多いといいます。
    発熱の伴う内科的な病気を疑ってみる必要があるということです。たとえば、細菌性のもの、消化器官が原因のものなどが考えられます。
    腹痛の場合は胃腸風邪、というもの、そして熱が胃にきてしまう、というものがあります。これらは整腸剤や胃薬を服用することが改善されることがありますが、熱がある場合はすぐに医師に相談します。熱によるものの症状によってはとても大変なものになる可能性もあるからです。腰痛の症状も同じです。あまりにもひどい場合は、内臓疾患などの可能性もあるので、腰に痛みを感じる、というものが長く続く場合は、胃や十二指腸、胆嚢、膵臓などが原因の場合もあるということです。
  • 早めの治療で完治することができる場合もあります

  • 早めの治療で完治することができる場合もあります

    出典: instagram.com

  • これらは早めの治療を行うことで、完治することができる病気もあるので、できるだけはやく診察をうけるようにしておきます。
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症、胆のう炎、胆のうポリープなどははやくわかればすぐに治療することができるので安心です。急性膵炎、慢性膵炎、腎臓がん、腎盂腎炎などもあります。これらのような病気は治療と同時に手術を行い入院なども必要になってきます。
    腎臓がんはがんの中でも少し珍しいものだといわれています。腰痛のほかにも、血尿や食欲不振などの症状があるので、生活改善もしっかりとすることで手術、治療という風に内科でしっかりとは早めに行うと体調も早く良くなることができます。
  • 腰痛は内臓の病気と密接です

  • 腰痛は内臓の病気と密接です

    出典: instagram.com

  • 腰痛は内蔵の病気と密接です。内蔵と腰というからだのなかでも場所が近いこともあり、内臓の疾患などがある場合は腰の機能に影響しやすいのです。
    なので、腰を痛めた、と思っていたら、ほかの病気だったという場合も多いといいます。なので、できるだけ早めの診察と治療を行うことが大切です。手術、治療の両方をすばやく判断することで、改善することができるものが多いのです。
    腰痛や腹痛があると、休んでいれば大丈夫だと思う人もいますが、それは間違いです。しっかりとした治療を早めに行うことが大切です。
腰痛や腹痛が発熱と同時にある場合には早めに病院へ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事