腰痛の原因が内臓の場合の症状と対処法

腰痛の原因が内臓の場合の症状と対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1815

腰痛は疲れやちょっとした姿勢の悪さでも起こってしまうものです。
ですが、腰痛の原因になるのは骨などのゆがみだけではなく、内臓疾患の可能性もあるということです。腰の付近にあるものの病気が原因で腰痛を起こしてしまっていることも多いということです。
まずは、自分の腰の痛みがどの部分がひどいのかをきちんと知るようにしておきます。


  • 出典: instagram.com

  • 腰痛を感じることがある胃や十二指腸、胆のう、すい臓や腎臓の病気などははやめに治療することで、完治することもできるようになります。腰痛の原因が内臓からきていると、それぞれで少しずつ症状が違うということなので、それを知っておくと、すぐに診察してもらえるように準備をすることができます。
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍などは腰痛のほかにも、腹痛やみぞおちに痛みを感じるなどの症状があります。ほかにも背中の痛みを生じる場合もあるので、そのような場合はすぐに内科などで診察を受けるようにしておきます。
  • 出典: instagram.com

  • 胆石症、胆のう炎、胆のうポリープ、などの胆のうの病気も腰痛の原因になっている可能性もあります。胆石症というのは、胆石ができる病気のことで、胆のう炎は胆石が原因で発熱したり、腹痛を起こしたりする病気のことです。胆のうポリープは良性のものもありますが、ほかにも癌などの悪性のものもあるということです。大きいものの場合だと、癌である可能性も高いので切除手術を行うこともあるといいます。きちんとはやめに診察をしておくことで、内臓が原因である場合でも腰が痛いと感じたときにすぐに対処することで早く治すことも可能になります。内科か整形外科かどちらを先に受診したらいいのか、という場合、内臓が原因かどうかがわからない場合は整形外科から受診して、そして内科を受けるようにしてみるといいです。

  • 出典: instagram.com

  • 腰痛の原因として考えられるのは、骨盤のゆがみ、もしくは内臓疾患がもとになっている可能性もあります。
    骨盤のゆがみが原因の場合は整体へ専門医への受診でゆがみを改善することができます。ゆがみを改善するときは、きちんと治してもらって、自分でも意識して生活習慣を整えるようにすることが大切です。また、内臓が原因の場合は、すぐに医師に診察してもらい、症状をしっかりと把握して治療することです。腰痛の原因を作ることで、体が異常を訴えているので、それらを少しでもいい方向にするようにしておきます。整体や専門医へまずは一度行ってみることが大切だということです。

腰痛の原因が内臓の場合の症状と対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事