産後の腰痛はいつまで続くのか

産後の腰痛はいつまで続くのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

1978

産前産後の女性が感じる症状の一つに、腰痛があります。


  • 出産してからも腰痛が続く

  • 出産してからも腰痛が続く
  • 出典: www.instagram.com

  • この原因はさまざまで、出産に備えて大量に分泌されていたホルモンにより、靭帯が伸びやすく骨盤が開きやすくなること、赤ちゃんの抱っこや授乳による不自然な姿勢などが一般的に考えられています。

    これにより、出産してからも腰痛が続くという人が多いですが、これがいつまで続くかというのは個人差があります。一般的に、赤ちゃんを生んだ後にも約半年近くは靭帯を緩めているホルモンが分泌され続けていますが、それと同時に骨盤を元に戻そうとする力も働きますので、徐々に閉まっていきます。
    しかし、上記のように育児などで無理をすると、骨盤はゆがんだ状態になり、やがて半年が経過した頃から自然治癒力も落ちていきますので、ゆがんだ状態の骨格のままで定着してしまいます。この骨盤や周辺の骨格がゆがんだ状態を固定してしまうと、周囲の筋肉が常に緊張した状態になりますし、内臓の位置がずれ、血管を圧迫するなどさまざまなトラブルを引き起こします。
  • 骨盤のゆがみが引き起こすものとは

  • 骨盤のゆがみが引き起こすものとは

    出典: instagram.com

  • 自然治癒力が高いうちに腰痛の対策をしておくと、大体数ヶ月から半年程度で痛みは徐々に落ち着いていきます。しかし、これを怠ると長期的に傷み悩まされることになり、いつまでも不調が続いてしまいます。
    骨盤のゆがみは、腰痛だけでなくむくみや冷え症の加速、頭痛や肩こり、血行不良、下半身太り、代謝の低下などのさまざまな症状の原因になります。産後の対策としては、病院で指導を受けるストレッチを行ったり、骨盤ベルトやガードルなどで骨格を矯正して腰周りをサポートしたり、できるだけ休めるときには休みを取って、体力の回復を図ったりしましょう。また、産後の女性でも利用できる整体があり、骨盤の矯正をメインとして施術をしてくれることがありますので、こういったところが近くにあれば利用してみましょう。
  • 産後ケアが大切

  • 産後ケアが大切

    出典: instagram.com

  • したがって、きちんとケアをしていれば産後数ヶ月〜半年程度で骨盤が元に戻りますし、痛みもある程度改善されます。この時期に無理をすると、一生悩まされるような症状になる可能性もありますので、事前に情報収集をして、できる範囲で骨盤矯正を行いましょう。また、人によっては痛みなどの自覚症状があまりない人もいますが、むくみやすくなったり、骨盤がぐらぐらするような間隔がある場合には、きちんと元に戻っていない可能性もあります。体質が変わったと感じられるときには、一度骨盤の状態を見てもらいましょう。
産後の腰痛はいつまで続くのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事