産後の腰痛に湿布を貼っても良いか

産後の腰痛に湿布を貼っても良いか

Thumb?1414295452 muah♪さん

4022

腰痛と言えば湿布といっても一般的になっていますが、産後に使っても問題がないかは気になるものです。
薬業界では湿布薬と言われて使われているもので、体に貼って使うものですが、体内に影響を与える可能性が皆無ではないので注意が必要です。


  • 出典: instagram.com

  • 特に注意が必要なのは、授乳されるときに湿布を使う場合です。
    外用薬で局所的、また経皮を通して有効成分が投与されるので内服薬よりはかなり血中の薬剤成分が抑えられています。普段使うのにはそれほど問題はないと考えられますが、授乳前に貼ってしまうと血中に有効成分が溶け出て、血中濃度が高くなっている状態の母乳を乳児に与えてしまう可能性があるので控えた方が良いでしょう。
    もし授乳しているけれども産後の腰痛治療に使いたいのならば、授乳後であれば安全性が高まります。
  • 出典: instagram.com

  • 乳児の代謝・排泄機能は生後数週間で発達すると言われています。なので、新生児期でなければ湿布を貼っていたとしてもそれほど大きな影響はないと考えられますが、心配ならば授乳前は避けるようにして使うと良いでしょう。
    貼って使うタイプ以外にも、塗って使えるような外用消炎鎮静剤がありますが、妊娠中に使えるのは第3類医薬品〜第2類医薬品で、第1類医薬品は使えません。知らずに使ってしまったら、それほど慌てなくても大丈夫ですが、妊婦検診などで診てもらうと安心でしょう。
  • 出典: instagram.com

  • 湿布特有のニオイが嫌いで外用消炎鎮静剤を使う人も増えていますが、中に含まれている消炎鎮静作用を持つインドメタシンやボルタレンなどが胎児にとって危険な可能性もあります。
    産後の授乳期にもこれらには一応気をつけておきたいものです。
    ただ、産後の腰痛の時、子供への影響が心配で薬も何も使えないのは辛いものです。
    そこで子供への影響を心配せずに行える治療方法として、骨盤矯正・血行改善・貧血解消・ストレス発散などが有効なこともあります。
    産後の骨盤は通常よりも広がっていて、それが影響して体全体が歪んで腰痛を引き起こすことがあります。また、骨盤が広がることで血管が圧迫されて血流が悪くなることもあります。
    整体やヨガ、マッサージなどを通して骨盤矯正を受けたり、血流を良くするようにしましょう。

  • 産後は色々なことが重なって辛い時期です。子育ての悩みに加えて、体の痛みが出てしまうとさらに憂鬱になります。その憂鬱な表情は子供の気持ちを不安定にさせてしまうこともあります。
    まずは安全にできる腰痛対策をしてみて、授乳後に外用薬などを使う方法で対処していきましょう。

産後の腰痛に湿布を貼っても良いか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事