産後の腰痛対策のストレッチはいつからか

産後の腰痛対策のストレッチはいつからか

Thumb?1414295452 muah♪さん

707

産後しばらくの間は腰痛が酷くなるという女性が多いです。これは、出産に備えて産道を広げやすくするために、骨盤周辺の筋肉や骨格、靭帯などを緩める働きを持っているリラキシンというホルモンの分泌が活発になるためで、赤ちゃんが生まれた後は産道が広がって骨盤がゆがんだ状態を維持していることが痛みの原因となっています。


  • 出典: instagram.com

  • 産後の腰痛を改善するためには、ストレッチやガードル、骨盤ベルトの使用などがおすすめですが、いつから始めたらよいかで迷う人もいます。ガードルや骨盤ベルトといった矯正下着の場合には、産後すぐにでも使えるものがありますのでそちらを利用すると痛みも和らぎますし、骨盤にも負担をかけずにすみます。
  • 出典: instagram.com

  • ストレッチは、程度にもよりますが、病院で指導を受ける簡単なものであれば産後すぐに始めることができます。また、本格的に始めるのがいつからかというのは個人差もありますが、特に体調の回復が人よりも遅いということがなければ、床上げを終えた一ヵ月後からスタートすると体の戻りも早いですし、育児疲れの合間にできます。
    腰痛の原因は骨盤周辺のゆがみが大きいですが、なかなか体調が回復しない場合には、焦らずに出産の後すぐに始められる簡単なストレッチを続けるようにしましょう。出産してからしばらくの間は、母体は元の状態に戻ろうとする力が強くなります。この力は半年くらい経過した頃には弱まっていきますので、遅くとも半年以内にある程度対策を講じておきましょう。それほど難しいことをする必要はなく、寝た状態や座った状態でできるものもたくさんありますので、痛みが酷くなかったり、ストレッチ後に体調の変化がなければ毎日続けるのがおすすめです。
  • 出典: instagram.com

  • 骨盤周辺がゆがんでいると、血管を圧迫することによって冷えやむくみが悪化したり、内臓が下垂して便秘や下痢などの胃腸の不調を感じるようになったり、下半身が太りやすくなるなどのさまざまなトラブルが見られます。これらの症状は、改善しやすい産後半年以内に骨盤をある程度もとの状態に戻すことで大幅に良くなりますので、子育てで忙しいときにも時間を見て挑戦してみましょう。また、時には整体などを受けてみると、骨盤を正しい位置に戻してくれますので痛みがかなり楽になります。ただし、腰痛があまりにも酷い場合には、無理をすると逆効果になることもありますので気をつけましょう。また、産後の回復が遅い人は、医師と相談して始めましょう。
産後の腰痛対策のストレッチはいつからか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事