帝王切開でも産後の腰痛があるのか

帝王切開でも産後の腰痛があるのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

1395

帝王切開というのは、産道が十分広がっていなかったり、赤ちゃんの首にへその緒が巻きついていたり、逆子になっていたり、羊水の量が極端に少なくなっているなど、時間のかかる自然分娩が困難な場合に母体を開腹して出産させる方法です。一度開腹して出産した場合にはあらかじめこの方法を行う予定で出産する場合もありますが、中には急なトラブルで急いで方針を変更することもあり、誰でもこのような出産を行う可能性はあります。


  • 出典: instagram.com

  • 自然分娩の場合には、産道を赤ちゃんが通って出産しますので、骨盤は大幅に開きます。そのため、産後しばらくは腰痛に悩まされることになりますが、開腹して出産したときにこれらの痛みなどがないかというと、必ずしも痛みがないわけではありません。もちろん、産道を通らなかったために骨盤は大幅に広がることがありませんが、女性の体は妊娠すると赤ちゃんが出て気安くなるように、リラキシンというホルモンを大量に分泌するようになります。このホルモンは、骨盤や周辺の筋肉、靭帯などを緩める働きがあり、妊娠中の長い時間をかけてゆっくりと骨盤周辺を広げていきます。また、赤ちゃんはどんどん大きくなっていきますので、その重みで骨盤はさらに広がり、臨月になる頃には出産の方法に関係なく腰痛に悩まされる人がほとんどです。
  • 出典: instagram.com

  • したがって、自然分娩と帝王切開では骨盤の広がりにはそれほど大きな差は見られません。むしろ、開腹手術の場合には術後の体力を回復させるのに時間がかかりますし、切った箇所が痛みますので腰痛のつらさはさらに大きいこともあります。そのため、術後はできるだけ安静にして、しっかり休養をとる必要がありますし、自然分娩のように産後すぐにストレッチをするというのは状態によってはやめておいたほうがよいでしょう。退院後も床上げまではあまり動き回らず、無理をしないようにします。
  • 出典: instagram.com

  • 通常、腰痛の対策としては骨盤ベルトやガードルなどを使用しますが、開腹手術をした後では傷にベルトが当たることがありますので、あまりおすすめできません。どうしても使用する場合には、通常の位置よりもさらに下に巻いて、こまめにベルトがずり上がらないように気をつけましょう。
  • 通常、腰痛の対策としては骨盤ベルトやガードルなどを使用しますが、開腹手術をした後では傷にベルトが当たることがありますので、あまりおすすめできません。どうしても使用する場合には、通常の位置よりもさらに下に巻いて、こまめにベルトがずり上がらないように気をつけましょう。
帝王切開でも産後の腰痛があるのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事