他人や自分をどうしても許せない…その原因と対処法

他人や自分をどうしても許せない…その原因と対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

3178

他人を許せない、または自分を許せない…こんな経験は誰にでもあるのではないのでしょうか。
どうしても自分や他人を許せないことは誰にでもあることですが、ずっと許せないままだと自分が苦しいだけです。
そもそも他人や自分を何故許せないのか、その原因から対処法を探っていきたいと思います。


  • 他人を許せない原因とは

  • 他人を許せない原因とは
  • 他人に悪口を言われたり、何か自分にとって良くないことをされると、とても腹立たしい気持ちになりますよね。
    自分は平穏に暮らしたいのに、他人がそれを脅かすのはなかなか許せるものではありません。
    しかも傷つけた当の本人は何食わぬ顔で幸せそうに暮らしていたとしたら、憎らしさも倍増です。

    しかし、そのストレスをため込んだままではいつか怒りが爆発してしまい、自分にとっても相手にとっても悪い結果をもたらすことになりかねません。
    結局のところ人間というものは、許せない人間に「自分は相手に悪いことをした。」と自覚してほしいと願うものなのです。
    ですが他人の気持ちや考え方を変えるのは並大抵のことではありません。

    むしろ、許せないという気持ちのせいで自分が大きなストレスを感じるばかりです。
  • 自分を許せない原因とは

  • 自分を許せない原因とは
  • 一般的に人間は、「他人よりも自分に厳しい生き物」だとされています。
    他人を憎んでいるようでも、心の中ではそんな他人を憎む自分の醜さが許せないと無意識のうちに思っているものなのです。
    他人を傷つけた・迷惑をかけてしまったなど、自分を責めてしまう理由を挙げればキリがありません。

    自分を許すことは、他人を許すことよりもよっぽど難しいことなのです。
    自分を許せないという人は、完璧主義の人が多いと言われています。
    完璧になれない自分を責めることによって、いつまでも自分自身を許せない状態が続いてしまっているかもしれません。
  • 自分や他人を許せないときの対処法

  • 自分や他人を許せないときの対処法
  • 許せない相手を「自分よりも可哀想な人」だと考える



    許せない相手が自分よりも幸せそうであれば、憎しみが倍増してしまいます。
    そんなときは、「相手は自分よりも可哀想な人なんだ。」と考えるようにしてみましょう。
    他人の深い事情などはどうせ分からないのですから、どう思っていても同じです。

    人を平気で傷つけるような人間は、すでにとても不幸な人間だとも言えます。
    そんな不幸な相手は、憎むよりも哀れむべき可哀想な人なのです。

    完璧な人間はいないと考える



    他人に対して怒ったり、憎んだりしない人間はいません。
    「完璧な人間などいない」そう考えて、相手を憎む自分について深く考えないことも重要です。
    また、完璧な自分を目指さないことは、自分のことを責め続けて許せないという心理も防止することができます。

    他人や自分を許せないという心は異常でも何でもなく、誰にでもある全く普通のことです。
    深く考えすぎず、そんな自分や他人を受け入れる心が大切なのかもしれません。
他人や自分をどうしても許せない…その原因と対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事