頭痛やあくびなどの原因となる寝不足

頭痛やあくびなどの原因となる寝不足

Thumb?1414295452 muah♪さん

305

私達の仕事やプライベートに影響を及ぼす「寝不足」は、何日も続くことで身体に様々な異常を来たします。寝不足を改善するためには、自分が寝不足に陥っている原因を明確にして、適切な対策を行っていくのが大切です。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 私達の身体は、寝不足が続くと身体や心にどんどん疲労が溜まっていってしまいます。睡眠は私達の健康維持に欠かせないものであるため、十分な睡眠が取れなくなってしまうと、身体や心に様々な悪影響を及ぼすのです。寝不足によって引き起こされる悪影響は様々ですが、まず「記憶力の低下」が起こります。記憶力が低下すると、ついさっき聞いたことを失念してしまったり、何回も何回も同じことを繰り返し質問してしまうなどの症状が現れます。これは、脳に疲労物質が溜まってしまい、脳が正常に働いていないのが原因です。また、いつもこなせる仕事がこなせなくなったり、会話の内容が理解出来ないなど、「思考力の低下」も起こります。その他、ケアレスミスの増加や日中の異常な倦怠感、あくび、頭痛、そしてイライラなど、寝不足が私達にもたらす悪影響は実に多種多様です。あくびや頭痛に関しては、仕事の際大きな支障を来たすため、とても厄介な症状と言えます。
  • 出典: www.tumblr.com

  • このように、私達の身体は睡眠が不足することで様々な症状が現れるのです。これらの症状を改善するためには、十分な睡眠時間を取るだけでなく、睡眠の質を上げることが大切です。質の良い睡眠を取るためには、まず深い睡眠を取ることが出来る準備を行う、深い睡眠が出来る環境を整えておく、体内リズムを改善する、そして自分が本当に必要な睡眠時間をきちんと把握する、これらの事項を実践していきます。まず、深い睡眠に欠かせないのが「リラックス状態」です。ストレスが蓄積してイライラしていると、高い質の睡眠を取ることは出来ません。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 身体をリラックスした状態にするためには、38度から40度程度のぬるま湯で20分程度半身浴を行う、寝る前にホットミルクやココアなどを飲む、寝る1時間前に明かりを間接照明にして、光の刺激を弱くする、などの方法が挙げられます。また、気持ちのよい程度のストレッチも効果的です。逆にやってはいけないのが、寝る前にパソコンやスマートフォンをいじってしまうことです。パソコンやスマートフォンから発せられる強い光が脳を刺激して、脳を興奮状態にしてしまうためです。また、カフェインを含んでいるコーヒーや紅茶なども、寝る前には飲まないようにしましょう。

頭痛やあくびなどの原因となる寝不足
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事