飲酒による頭痛の予防策について

飲酒による頭痛の予防策について

Thumb?1414295452 muah♪さん

446

祝い事や宴会の席でお酒を飲み過ぎてしまい、辛い頭痛となってしまったことや翌日に激しい頭痛に襲われる二日酔いの症状はお酒を飲む人であれば誰もが一度や二度は経験したことがあると言っても過言ではないでしょう。
アルコールの飲むことで高いリラックス効果を得ることができますし、ワインなどのお酒は健康にも良い影響があるということで近年高い人気を誇っています。
しかしながら、どんな種類のお酒であっても飲み過ぎた場合は頭痛が生じてしまうものです。アルコールの摂取によって生じる頭痛のメカニズムや有効な予防策にはどのようなものがあり、有効となるのでしょうか。


  • 出典: instagram.com

  • お酒を飲むことで生じる頭痛には様々原因があり、複数の要因が組み合わさって症状を悪化させているという考えもあります。具体的な原因としては、アセトアルデヒドや血管の膨張、脱水症状などが挙げられることとなります。
    アセトアルデヒドとは、アルコールが体内で分解された際に生じる成分であり、二日酔いの原因とも考えられている成分です。アセトアルデヒドは時間の経過とともに分解されますが、アルコールの摂り過ぎで分解が追いつかない場合頭痛を発症してしまう大きな要因となるのです。
    二日酔いの症状とは、アセトアルデヒドが分解させずに体内の残ることから生じる症状なのです。
  • 出典: instagram.com

  • また、アルコールには血管の膨張させる作用もあるため摂り過ぎると首周りの血管が膨張し、神経を圧迫することから痛みを引き起こすと考えられているのです。
    さらにアルコールには体内にある水分の排出を促す作用もあるので、飲み過ぎると脱水症状となりそれが原因で頭が痛くなることも考えられます。
  • 出典: instagram.com

  • このようにお酒によって頭が痛くなる原因には様々な原因が考えられるわけですが、飲み会前のできる有効な予防策としては水を飲むことが挙げられます。
    水を飲んでおくことで脱水症状の予防に大きな効果を発揮するのです。
    また、飲み会の最中にできる予防としては肝臓の働きを助けてくれる魚介類をおつまみとして一緒に食べることが挙げられます。
    肝臓の働きを補助することでアルコールの分解速度を早めることに役立ちます。
    そして飲み会後の対策としては、コーヒーや紅茶等のカフェインを含んだ飲み物を飲むことが効果的となります。カフェインにはアセトアルデヒドを分解する効果がありますし、膨張した血管を収縮させる作用があるためです。
    そして一番の予防は飲み過ぎないこととなります。楽しい気分で飲み会を終えるためにも自分の限界を超えるような量を飲むのはやめましょう。

飲酒による頭痛の予防策について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事