気圧の変化と天気予報による頭痛の発生

気圧の変化と天気予報による頭痛の発生

Thumb?1414295452 muah♪さん

331

頭痛と言う症状は我慢していても辛い症状です。
良く、天気予報を見た時に、天気が崩れることを知ると、頭が何となく重くなったりして、予報が当たって天気が崩れることで頭痛が発生してしまうと言う人がいます。
予報を見て何となく頭が重くなると言うのは精神的な部分も有るのですが、天気が崩れることで気圧に変化が起きることになり、雨になったことで大気の圧力は低下し、台風が近づくことでその圧力は更に低下していく事になるわけです。
予報を見て頭が重く感じるのは、大気の圧力を身体で感じ始めているものであり、実際に天気が崩れたり、台風が近づいて頭痛が起きるのは気圧の変化によるものだと言われているのです。


  • 出典: instagram.com

  • 所で高山病と言う病気をご存知でしょうか。
    高山病は一般的に3000m級の山で起きやすいと言います。
    日本国内では、北アルプスの槍ヶ岳や南アルプスの北岳、富士山などが3000mを超える山となりますが、これらの山の頂に近づくと酸素濃度が低くなると同時に、大気の圧力が低くなる、即ち気圧が低くなり高山病を招くことになるのです。
    高山病は、下山をする事で症状を回復させることが出来るのですが、3000メートルを超えた辺りで発症し、更に上へと登る事で嘔吐や頭痛、呼吸困難と言った恐ろしい症状を引き起こし、最悪の場合死に至る事もあるのです。
    海外の山に登る登山家などは高山病との戦い、天候との戦いと言われている程、高山病への配慮が必要不可欠であり、標高による気圧の変化に身体を慣らす目的で高度順化を行いながら、ピークを目指すと言います。
  • 出典: instagram.com

  • 高度順化は、3000mの場所でベースキャンプを作り、そこから1000m登って、再び3000mのベースキャンプに戻り、翌日は4000mの場所にベースキャンプを作り、そこから数百メートルほど上の場所まで登って再び4000mのベースキャンプに戻ると言う事を繰り返して、標高に対する圧力に順応できるように体を慣らしていく事です。

    天候が悪くなると気圧がさがることになります。
    これは山の標高と同じで、身体にかかる圧力が低くなることで身体への影響が起きやすくなるのです。
  • 出典: instagram.com

  • 高度順化は、3000mの場所でベースキャンプを作り、そこから1000m登って、再び3000mのベースキャンプに戻り、翌日は4000mの場所にベースキャンプを作り、そこから数百メートルほど上の場所まで登って再び4000mのベースキャンプに戻ると言う事を繰り返して、標高に対する圧力に順応できるように体を慣らしていく事です。

    天候が悪くなると気圧がさがることになります。
    これは山の標高と同じで、身体にかかる圧力が低くなることで身体への影響が起きやすくなるのです。
気圧の変化と天気予報による頭痛の発生
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事