産後のこめかみ周辺の頭痛に注意

産後のこめかみ周辺の頭痛に注意

Thumb?1414295452 muah♪さん

1009

産後には頭痛で悩まされる人もたくさんいます。腰痛ならば、骨盤がゆるんでいることで何となく想像はつきますが、なぜ頭が痛くなるのかというと、妊娠中に分泌されるホルモンが大きな関わりを持っています。妊娠中は赤ちゃんが産道から出やすくなるように、リラキシンというホルモンを大量に分泌しますが、これによって骨盤や靭帯、筋肉などが緩みやすくなります。その結果、骨盤が開きやすくなるだけでなく、首周辺の骨格も通常よりぐらぐらしてしまい、重い頭を支える力が弱まってしまいます。妊娠中はホルモンのバランスが通常よりも違うために痛みなどをそれほど感じない人もいますが、産後ホルモンバランスが大幅に変化すると、今度はこめかみや目の周辺などが痛むことがあります。


  • 出典: instagram.com

  • 産後の頭痛の特徴としては、頭の片方がズキズキと痛み、動いたり下を向くとさらに悪化します。また、痛みが強すぎて吐き気をもよおしたり、嘔吐することもあります。多くの人は、産後半年くらいの時間をかけて徐々に体を元の状態に戻そうとする力が働いていますので、少しずつ症状が緩和されます。しかし、この時期に無理をするとゆがんだ骨格がそのまま定着してしまったり、頭痛が慢性化してしまう恐れがありますので、体調管理をきちんとしておく必要があります。
  • 出典: instagram.com

  • 痛みがひどくなったときには、できるだけ安静にしましょう。光が強いところや音が大きいところでは、刺激が痛みに変換されることがありますので、静かで薄暗いところで体を休めるのがおすすめです。血管を収縮させる作用のあるコーヒーや紅茶は痛みを和らげてくれますが、授乳中には赤ちゃんが飲む母乳に含まれてしまうため、あまりおすすめできません。また、薬を使うときにも市販薬であっても医師に相談して服用しましょう。あまりにも痛みが強いときには、病院で受診するのがおすすめです。この場合、まずは産婦人科で受診すると、痛み止めにも安心して飲めるものを処方してくれます。
  • 出典: instagram.com

  • 育児中はなかなか自分のことまで気が回らないものですが、産後のトラブルは放置しておくと一生付きまとってくることがあります。そのため、気になる点は医師に相談して、無理をせずに育児をしましょう。また、こめかみ周辺の頭痛は体調が回復しても続くことがありますので、気になるときには整体院などで首の骨格がゆがんでいないかをチェックしてもらうのも良いでしょう。きちんと矯正すると、かなり楽になることがあります。

産後のこめかみ周辺の頭痛に注意
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事