酷い頭痛や後頭部の疲れは自律神経の変調へ繋がる

酷い頭痛や後頭部の疲れは自律神経の変調へ繋がる

Thumb?1414295452 muah♪さん

1565

頭が人間にとって大事な場所であるということは皆さんよく判っていることでありますが、実際に酷い頭痛や偏頭痛、後頭部の痛みなどを放置するとどういうことが起こるか知っていますか?


  • 出典: instagram.com

  •  偏頭痛や後頭部の痛みなどに上がる原因の一つに、筋肉の凝りがあります。酷い肩こりなどが原因で頭いたが起こるのは、そこが血流不良を起こしているからです。それから、血流不良が引き起こす自律神経の変調もあります。ただの肩こりだったのに、そこから首を通って頭が痛くなる、そうしている間に自律神経の変調まで起こしてしまって、気がついたら自律神経の失調から全身にいたる体調不良にまでいってしまい、最悪の場合は鬱病まで併発してしまうことがあるのです。鬱病や自律神経の失調からくるパニック障害などは、首や肩、肩甲骨あたりまでがガチガチに凝り固まっている人が多いという医学的事実があります。そこを緩和すれば病気が治るわけではありませんが、後頭部の凝りを緩和することで神経への圧迫はなくなることも事実でしょう。一度そこまで酷くなってしまうと、社会生活が苦しくなってしまったり家から出られなくなることもあります。心療内科のお世話になる前に、自分の体を労ることを覚えましょう。
  • 出典: instagram.com

  • 肩こりが諸悪の根源であるならば、日ごろからストレッチや整体などを取り入れて肩まわりをよく動かすようにしましょう。パソコンやスマートフォンをする時間が長い人ほど肩こりや首のこりが酷いことがありますから、一日の中でも作業する時間は決めたり適度に休憩をとったりで自分で体をのばすように意識することも大事です。
  • 出典: instagram.com

  • 凝りが深い場合は鍼灸院で針やお灸をしてもらうとよく効きます。が、そんなことまでせずともしっかりとお風呂であったまる、寝るまでにストレッチをして肩まわりをほぐす、これである程度は緩和されますから、頭痛に悩まされている人などは試して下さい。就寝前はスマートフォンや携帯電話などはさわらず、いい睡眠をとれるように努力することです。たかが頭痛と侮っていては、神経をいためつけてしまって元に戻れなくなるかもしれませんから、薬で押さえつける前に、体をほぐして血流をよくし呼吸をしっかりすることで心身の安定をはかりましょう。ちゃんとした睡眠をとることが出来れば頭もすっきりとして、偏頭痛であってもその内なくなってしまうことがあります。人間はそもそも動物ですから、筋肉は適度に動かさなければなりません。

酷い頭痛や後頭部の疲れは自律神経の変調へ繋がる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事