産後の後頭部の頭痛について

産後の後頭部の頭痛について

Thumb?1414295452 muah♪さん

2176

産後のトラブルは色々なものがありますが、中でも良く見られるのが頭痛です。一口に頭痛といっても内容はさまざまで、こめかみや目の周辺がズキズキと痛むようなタイプもあれば、後頭部などが締め付けられるように痛くなるものもあります。これらは症状によって対処法が異なってきますので、ひどいときに廃止に相談して薬を処方してもらったり、対処法を聞いておくとよいでしょう。


  • 出典: instagram.com

  • 後頭部や首筋などが圧迫されるように痛む場合には、緊張型頭痛である可能性があります。こめかみや目の周辺がズキズキ痛む場合とは違い、動いたり下を向いたからといって悪化することはありませんが、痛みと同時に肩こりや全身のだるさなどを感じることがあります。どちらかというと、急激に痛むというわけではなく、常に鈍痛のような痛みを感じている状態というのが多いです。
  • 出典: instagram.com

  • 頭痛の原因はさまざまですが、考えられる理由としては、骨盤や靭帯を緩める働きのあるリラキシンが妊娠中から大量に分泌されるため、首周りの骨格もゆがみやすくなり、重みのある頭部の圧迫を受けて血流が悪くなること、授乳や抱っこなどで産後はさらに肩こりや血行不良が顕著になり、首や肩、背中などの筋肉が緊張することによって痛みを感じると考えられています。体はすべてがつながっていますので、骨盤周辺のゆがみが背中や首筋に伝わることも多く、これらも原因のひとつといわれており、妊娠中や産後はある程度諦めてこの痛みに耐えるしかありません。
  • 出典: instagram.com

  • ただ、あまりに酷い場合には、授乳中でも使うことができる痛み止めなどもありますし、湿布が効果的な場合もあります。また、授乳の際にはクッションなどを使用して正しい姿勢であげることを心がけたり、気分転換も兼ねてストレッチをすることで血流を良くしたり、整体や骨盤矯正ベルト、ガードルなどで骨盤や背骨、首の骨などをあるべき位置に戻すことにより、徐々に回復の兆しが見られることもあります。
  • なお、痛みが激しいときには薬の服用はもちろんですが、肩や首周辺を温めることで血流を改善し、状態が良くなることもあります。温湿布や蒸しタオル、カイロなどを使って様子を見るのもよいでしょう。また、妊娠中は筋肉が衰えているために骨格のゆがみがさらに酷くなりがちですが、ストレッチなどで筋肉をつけることで、ぐらついている骨格をきちんと固定することができます。体がある程度回復したら、ストレッチなども行いましょう。

産後の後頭部の頭痛について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事