寝起きの頭痛に血圧が関係している可能性も

寝起きの頭痛に血圧が関係している可能性も

Thumb?1414295452 muah♪さん

761

寝不足であったり、逆に寝過ぎてしまった日には寝起きに頭痛がすることもあります。合わない寝具を使っていて寝る時に負担のかかる体勢になっていたり、歯をくいしばるくせがあったり、慢性的な片頭痛を抱えているという場合にはそれほど心配はいりませんが、中には心配なケースもあります。それは血圧が関係している場合です。
病院で治療を受けている人でもない限り、日頃から気をつけている人は少ないと思いますが、健康を維持するためには適正範囲内におさまるように気をつけなければなりません。


  • 出典: instagram.com

  • 血圧が高くなると頭痛が引き起こされることは有名ですが、寝起きに起きやすいことはあまり知られていません。脳内の急に拡がった太い血管が神経を刺激することが要因として考えられていますが、血管が拡張されるのは睡眠中に脳に蓄積された炭酸ガスを排出しようとするためです。初期の段階なら自覚症状がない人も多いのですが、少し進んでくると後頭部が重いと感じたり、肩こりやめまいを訴えるケースも出てきます。
  • 出典: instagram.com

  • 逆に低血圧でも頭痛が起こる可能性があります。脳への血流が悪い状態ですので、血液を体の隅々まで行き渡らせるために血管を拡張させるのですが、その際に痛みが表れます。他に、倦怠感やふらつき等の症状が表れることも多く、大抵が午前中で良くなります。痛みが表れる場所や感じ方が人それぞれですので判断するのが難しいのですが、一般的に多いのは二日酔いの時のようなズキンと感じる痛みです。
  • 出典: instagram.com

  • 寝起きに頭痛がある場合には、それが一時的なのか、それとも長く続いているのかを見極めなければなりません。風邪や疲労で一時的に痛むこともありますので、全てが心配なケースとはいえませんが、血圧の問題を抱えている場合には注意が必要です。
    高血圧になると、脳卒中や心筋梗塞といった合併症を引き起こす恐れがありますので、速やかに適切な治療を受けなければなりません。腎臓に不調をきたす人も大勢います。投薬治療の他に、食事内容を見直したり運動を行うことが有効とされています。規則正しい生活を送ってストレスと溜め込まないようにすることも重要です。
  • 反対に低い場合でも、食事バランスを見直したり継続的に運動を行うことは大切です。市販の頭痛薬に頼っていてもなかなか効かないことが多いので、根本的な解決を図るべきです。入浴方法を工夫したり体を温める食材を用いたり、体温を上げるように努力をしたりと、できることから始めるようにします。
寝起きの頭痛に血圧が関係している可能性も
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事