飲み過ぎが原因のこの頭痛、早く治したい!お酒と頭痛の関係性と効果的な対処法

飲み過ぎが原因のこの頭痛、早く治したい!お酒と頭痛の関係性と効果的な対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

10938

ほろ酔い気分の楽しいはずのお酒ですが、口にするとなぜか、すぐに頭痛を感じるタイプの人もいます。基本的に、お酒を原因とした頭痛には、2パターンあると考えて良いでしょう。飲むことで引き起こすケースと、翌日に2日酔いとして現れるパターンです。特に2日酔いは、お酒を嗜むようになった大人であれば、経験している人はかなり多いものです。


  • 出典: instagram.com

  • 人とのお付き合いで、どうしても飲みすぎてしまったり、話が弾んで、つい飲み過ぎたり、量も度を超えると、翌日体調に不調という形で、しっかり現れてしまうものです。アルコールを口にすることは、食欲もかきたてますし、場を盛り上げるのにも最適なアイテムです。社会人になれば、人付き合いも増えますし、新年会に歓送迎会と、登場する場面も増えます。お酒を飲むと頭痛が起こるタイプは、そもそもアルコール自体が、自分に合っていない可能性があります。体内に入ってきたら、できるだけ早く体外へ出そうという、体自体がそういった働きを活発にさせるのです。体質の問題ですから、そこを無理に、お酒を飲もうとする必要はありません。
  • 出典: instagram.com

  • 血液の流れを良くするために、血管を拡張して、できるだけ早くアルコールを出そうとします。そのため血管は神経を圧迫して、それが頭痛の原因となっているのです。すぐに頭が痛くなる人は、アルコールが根本的に、体質に合わないのです。自分がアルコールに弱いことを理解して、量を適量にするか、周囲に正直に話し、ソフトドリンクを飲むなど、対策を行うのが無難です。
    また、アルコール分解を促すサプリメントもあり、翌朝の調子を助けてくれます。そういったサプリメントも上手に使いながら楽しい飲み会にしましょう。→サプリが気になる方は

    こちら

    から購入できます♪

    もしアルコールを飲んで、頭が痛くなったら、水分をとって、早く体外へ排出することが大事です。二日酔いのため頭痛が起きているのであれば、まずは水分を多く摂取しましょう。
  • 出典: instagram.com

  • 二日酔いによる頭痛は、アルコール分解成分である、アセトアルデヒドが原因となっていることで起こります。体の中にアセトアルデヒドが残ったままだと、体は本能的に、その物質を体外へと出そうとします。これにより、血管が拡張され、頭が痛いという症状につながります。ですから、できるだけ多くの水分をとって、めぐりをよくしてあげるのが良い対策となるわけです。完全によくなるまでは、できる限り安静にしていることです。二日酔いによる頭が痛いというのは、時間が解決してくれますから、自然にゆっくりと回復していくのを待つことです。何か口にできるようなら、しじみの入ったお味噌室を食べるのも良いでしょう。肝臓の働きをよくしてくれる効果があるためです。
飲み過ぎが原因のこの頭痛、早く治したい!お酒と頭痛の関係性と効果的な対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事