お酒による頭痛と薬について

お酒による頭痛と薬について

Thumb?1414295452 muah♪さん

340

お酒の飲み過ぎが原因で翌日の朝に起床すると、ひどい頭痛に襲われることがあります。二日酔いの典型的な症状のひとつですが、このお酒による頭痛は1日中に続くこともあります。そのために、ひどい場合は仕事を休むはめになることもあり、日常生活で支障を起こしやすいです。


  • 出典: instagram.com

  • 二日酔いによる頭痛は、その種類によっても対処法がかわってきます。即効性を求めるのであれば、頭痛薬が一番効果があります。成分や含有量はメーカーごとに違いますので、自分の頭痛の症状に効果があるものを選ぶのがポイントです。アレルギーがある人や持病でほかに服用している薬がある人は、飲み合わせや副作用の問題もありますので、医師や薬剤師の人と相談して購入するのが安全です。お酒による頭痛の種類には、大きくわけて「アデノシン」、「脱水症状」、「低血糖症」、「アセトアルデヒド」、「メタノール」5種類があげられます。すぐに薬を購入できない場合や薬をせず症状を抑えたいときには、それぞれの種類に応じて、効果がある飲み物や食べ物を摂取するのが効果的です。
  • 出典: instagram.com

  • まず、ずきずきするような痛みの場合は、アデノシンの血管拡張作用が原因のため、血管を収縮させるカフェインが含まれているコーヒーを飲むのがよいです。頭の痛みだけでなくだるさや食欲不振、吐き気などを感じる場合は、脱水症状が原因と考えられます。脱水症状の場合は、スポーツドリンクとアルコールを分解してくれる働きを促進してくれるしじみの味噌汁が適しています。スポーツドリンクは、お酒の利尿作用よって、失われたカリウムやナトリウムを補ってくれるからです。スポーツドリンクは、低血糖症の場合にも有効な飲み物です。
  • 出典: instagram.com

  • 低血糖症の場合は、オレンジジュースなどの果糖がより効果があります。ただ、リンゴジュースの場合は、酸性のため避けたほうがよいです。食べ物の場合は、コーンフレークがおすすめです。アセトアルデヒドは、強い疲労感をもたらすのが特徴です。日本人には、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性や分解がもともと弱い体質の人が多いです。アセトアルデヒドが原因の頭の痛さを軽減するには、ひまわりの種やゴマを食べるのが効果的です。
  • メタノールは、ワインやブランデーを飲み過ぎたときによく起きる症状です。対策としては、ミネラルウオーターを飲みのがよいです。注意としては、メタノールが原因の二日酔いの場合は、オレンジジュースなどの果汁のジュースは避けたほうがよいです。これは、ジュースに微量のメタノールが含まれているからです。

お酒による頭痛と薬について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事