寒い日に頭が痛くなるのはなぜ?寒さと頭痛の関係

寒い日に頭が痛くなるのはなぜ?寒さと頭痛の関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

1382

今日は一段と冷え込むな、という日に、頭が痛くなってしまうことはありませんか?風邪かなと思い熱を測ってみても、平熱のまま。つまり、頭痛だけがするのです。いったい、このような現象はどうして起きてしまうのでしょうか。寒さと頭痛の関係について紹介していきます。

出典: pixabay.com

  • 冷え込む日には頭痛が起きやすい?

  • 冷え込む日には頭痛が起きやすい?
  • 出典: pixabay.com

  • 今日は一段と冷え込むな、という日に、頭が痛くなってしまうことはありませんか?
    風邪かなと思い熱を測ってみても、平熱のまま。つまり、頭痛だけがするのです。
    このような症状を訴える人は多くいます。
    特別寒い日にそのような症状を訴える人もいれば、暖かい部屋から寒い野外に出たときに症状が出たりするというように、パターンは様々ですが、寒いということに関しては共通しているのです。
    いったい、このような現象はどうして起きてしまうのでしょうか。
    寒さと頭痛の関係について紹介していきます。
  • 寒いと頭痛がしてしまう原因とは

  • 寒いと頭痛がしてしまう原因とは

    出典: pixabay.com

  • 小学校のときに行った実験を覚えているでしょうか?
    水を凍らせると体積が減ってしまう、そのような実験を実際にやったかどうかは個人差があるでしょうが、冷たさというものは、物質を凝固させ、体積を少なくしてしまうということは、ほとんどの人が知っていることのはずです。

    実は、体の中でもそれと同じことが起きています。
    特に、血管は冷たくなると収縮してしまい、その結果、血流が少なくなってしまうのです。

    血の巡りが悪くなると起きてしまうのが頭痛です。
    酸素などがうまく運ばれなくなってしまうために、人は頭に痛みを感じてしまいます。
    つまり、偏頭痛が起きるメカニズムとまったく同じことが起きるのです。

    さらに、寒さは筋肉を緊張させてしまいます。
    人は寒くなると体に力が入ってしまうため、筋肉疲労を起こしてしまうのです。
    肩こりが頭痛の原因になっているということを聞いたことがある人も多いと思いますが、それは本当のことです。
    血の巡りが悪くなるため、頭痛に繋がってしまいます。
    つまり、寒さが頭痛を引き起こしてしまう原因は、血管の収縮と筋肉の緊張ということです。
  • 頭痛を治すためには

  • 頭痛を治すためには

    出典: pixabay.com

  • 実は、血管の収縮による頭痛と、筋肉の緊張によって起きる頭痛は病名が違います。
    前者は偏頭痛、後者は緊張型頭痛というのです。
    しかし原因は同じですので、両者とも温めれば痛みは改善されます。

    頭痛は温めてはいけないのでは、と疑問を感じる人もいるでしょうが、それは頭痛の場合です。
    混同しやすいのですが、偏頭痛と頭痛は別物です。
    血管の縮小によって起きる偏頭痛に対して、頭痛は血管の膨張によって起きる頭痛なのです。
    頭が痛いということは同じですが、原因は間逆ですので、対処も間逆となります。

    体や頭を温めるためには、お風呂に入るのが一番です。
    すーっと痛みが引いていくはずですので、試してみてください。
    また、普段から体が冷えないようにしておくということが大切ですので、防寒対策をしっかりとるようにしてください。
    それだけでだいぶ違ってきます。
寒い日に頭が痛くなるのはなぜ?寒さと頭痛の関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事