蓄膿症が原因で頭痛や歯痛が起こる場合

蓄膿症が原因で頭痛や歯痛が起こる場合

Thumb?1414295452 muah♪さん

986

鼻の奥はたくさんの空洞があり、この奥を副鼻腔といいます。おでこと頬の奥には特に大きな空洞があり、ここに炎症が起きて膿がたまると、副鼻腔炎の一種蓄膿症となります。
その時、激しい痛みが発生して歯痛だと勘違いする人が出てきます。歯科に受診をして、歯に異常がないことを確認するためにレントゲン撮影をしてもらうと、この膿が白い影となって写り、初めて蓄膿症と判断される場合があります。


  • 出典: instagram.com

  • 運よくレントゲンで見つかるといいのですが、レントゲンでも見つからず、歯痛は続くということで、総合病院で診察を受け、CTをとってもらって初めて蓄膿症が見つかる場合もあります。
    おでこの奥に膿がたまると頭痛を感じますが、副鼻腔の奥に膿がたまるのは、歯痛と間違える場合が多いのです。
    蓄膿症の原因ですが、風邪をひいて頭痛が発生する事があります。これは、誰にでもよくあることですが、風邪が治ってもしつこく痛みが残るようでしたら、副鼻腔炎(おでこと頬の奥なら蓄膿症)の疑いがあります。
  • 出典: instagram.com

  • 風邪によって鼻腔の炎症が副鼻腔まで拡がる場合があり、それが原因で副鼻腔炎を発生する場合がありますから。
    風邪が治っても、緑色が混じったどろっとした鼻水が出たり、鼻が長く詰まったりする時は注意が必要です。
    軽い副鼻腔炎は自然治癒する場合がありますが、普通は副鼻腔炎になると早目に耳鼻科に受診すべきです。
    副鼻腔炎の原因の二つ目が虫歯や歯周病です。虫歯や歯周病の原因菌が、副鼻腔に炎症を起こす場合があります。
  • 出典: instagram.com

  • 風邪によって鼻腔の炎症が副鼻腔まで拡がる場合があり、それが原因で副鼻腔炎を発生する場合がありますから。
    風邪が治っても、緑色が混じったどろっとした鼻水が出たり、鼻が長く詰まったりする時は注意が必要です。
    軽い副鼻腔炎は自然治癒する場合がありますが、普通は副鼻腔炎になると早目に耳鼻科に受診すべきです。
    副鼻腔炎の原因の二つ目が虫歯や歯周病です。虫歯や歯周病の原因菌が、副鼻腔に炎症を起こす場合があります。
  • こんな場合は、はやめに内科を受診する事を進めます。内科では、CTなどを利用して、診断をつけてくれ適切な科を紹介してくれます。副鼻腔炎は慢性化させない事が何より大切なのです。早期であれば薬だけで十分治療が出来ますが、こじらせると、治癒に手術が必要な場合も出てきます。
    一般に知られていない病気で、悪化させてしまう事が多いのですが、その場しのぎで痛みどめを使用して悪化させてしまわないように注意をすべきです。

蓄膿症が原因で頭痛や歯痛が起こる場合
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事