授乳中の人が頭痛薬を飲んだら何時間あければ安全か

授乳中の人が頭痛薬を飲んだら何時間あければ安全か

Thumb?1414295452 muah♪さん

627

妊娠中の人や、赤ちゃんに授乳中の人などは、特に薬の服用の際には注意しなければならない点があります。妊娠中や授乳中に安易に痛み止めや解熱剤などを服用するのは避ける必要があるという点です。比較的安全性が高いとされている鎮痛解熱成分はアセトアミノフェンです。脳の視床下部に作用して熱を下げる役割を視床と大脳皮質に作用して痛みを抑える役割をします。


  • 出典: instagram.com

  • アセトアミノフェンもアスピリンと同じく痛みを知らせてくれる物質であるプロスタグランジンの発生を抑制しますが、その効果は弱く、脳にだけ作用して体の各器官には作用しないため、胃腸などの消化器官にダメージを与える心配がありません。そして薬を選ぶ時には余計な成分が入っていない医薬品を服用するほうが良いと言えます。特に妊婦さんの場合は、服用する前に必ず産婦人科の先生の指示に従うようにします。妊娠12週までの初期には、薬が胎児に影響を及ぼす可能性があるため、むやみに頭痛薬などを服用することは絶対に避けなくてはなりません。
  • 出典: instagram.com

  • 出産予定日の12週以内の妊婦はアスピリンを含む医薬品は妊娠期間が延びたり、子宮収縮の抑制の恐れなどがあるので、絶対服用しないようにします。そして授乳中の人はお薬を購入する際に、アスピリン、イソプロピルアンチピリン、安息香酸ナトリウムカフェイン、カフェイン、無水カフェインなどは母乳に移行する可能性があるので服用をできるだけ避けるようにします。妊娠中や赤ちゃんに母乳を与えている時期には、できるだけ薬を飲まないほうがよいのは確かなのですが、状況によっては薬を飲まなくてはならないこともあります。
  • 出典: instagram.com

  • 出産予定日の12週以内の妊婦はアスピリンを含む医薬品は妊娠期間が延びたり、子宮収縮の抑制の恐れなどがあるので、絶対服用しないようにします。そして授乳中の人はお薬を購入する際に、アスピリン、イソプロピルアンチピリン、安息香酸ナトリウムカフェイン、カフェイン、無水カフェインなどは母乳に移行する可能性があるので服用をできるだけ避けるようにします。妊娠中や赤ちゃんに母乳を与えている時期には、できるだけ薬を飲まないほうがよいのは確かなのですが、状況によっては薬を飲まなくてはならないこともあります。
授乳中の人が頭痛薬を飲んだら何時間あければ安全か
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事